2011年03月22日

◆今できることを。◆

東北関東大震災にてお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。
また、被災された皆様には心よりお見舞いを申し上げます。

私も、仙台と石巻に親類がいますので、とても心配です。


11日の大地震の時は、埼玉の我家もかなり揺れました。
(8年前に建てられたミサワホームのモジュール工法の家で、
一応、地震には強いはずなのですが。。。)
念のために近くにあった本棚を押さえていた私を、
ゴールドベリは心配そうに見ていました。
アリアンはクレートの中でワンワン吠えていて、
スーラはどこかに逃げ込んだようです。
作りつけの食器棚はロックがかかり、開かなくなっていました。


ささやかですが、日本赤十字社と(財)日本動物愛護協会に義援金を寄付させていただきました。


それから、
娘が今月卒業した高校の関連サイト『自由の森再生プロジェクト』で、
被災地の子どもたちのケアのために絵本と画材を送ろう、
という卒業生の呼びかけがあり、協力することにしました。

といっても、うちの子たちはもうすでに大きく、
絵本などの大部分は処分してしまっていて、
残っているのはかなりお気に入りのものばかりでした。

けれど、被災地の子ども達のお役に立つのなら、と思い
写真を撮ってから箱に詰めました。

ehon1.jpg
たぶん、学生の頃から持っていた絵本です。
文章はなく絵のみで、ねずみが本の中に入ってページをかじって別世界へ行く、という発想がおもしろくて気に入っていました。

ehon2.jpg
これは、子どもが生まれた後、見つけた、ねずみシリーズです。

ehon3.jpg
娘用に買ったコロちゃん絵本。犬好きですから^^;

ehon4.jpg
これも、娘用に買った、わんこ絵本(ボロっちい^^;)。
ページが透明プラスチックでできていて、後ろの絵が重なって見える仕組みになっています。

ehon5.jpg
これは、娘が生まれた時、高校時代の友人が出産祝いにくれた絵本。

ehon6.jpg
フェリシモのおまけだそうです。妹がたくさん寄付してくれました。

ehon7.jpg
家にあった、絵の具やクーピー、鉛筆、消しゴム、メモ帳などと一緒に箱詰めして郵送しました。


このブログを書いている最中にも、
犬友達から、ペット同伴仮設住宅を求める署名のお願いのメールがきたり、
また、F市のボランティア連絡協議会で支援物資をトラックで直接届けることになったので、
支援物資提供のお願いのメールがきたりしました。
みな思いは一緒なんですね。


スーパードッグカーニバルを開催しているWANWANパーティクラブでは、
被災された方に向けて、愛犬の一時預かりサービスと搬送サービスを始めたそうです。


みんなで協力して、被災地の一日も早い復興を応援しましょう!!

最後に、控えめにご報告。

タグ:震災支援
ニックネーム だんご at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする