2012年05月31日

◆緑のかえるさん◆

frog.jpg

うちの庭のオリズルランの鉢に、
かえるさんが座っていました^^

我家の庭で緑色のかえるさんを見たのは初めてです四葉
(今までは茶色や黒いのばっかり。。。)

縁側の踏み石の脇から出てきたカモミールらしき植物、
camomile.jpg
どんどん伸びています^^;

ニックネーム だんご at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

◆豆彩の豆乳ソフトクリーム◆

201205291223001.jpg201205291217001.jpg
前から気になっていたお豆腐屋さん、「豆彩」
アリアンと郵便局へ来たついでに寄って
豆乳ソフトクリームを食べました。
さっぱりしたお味で美味しかったですよ(^.^)b
ニックネーム だんご at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

◆子猫の飼主になってくれる方募集中!!◆

konekokyodai1.jpg

うちの玄関前に捨てられていた子猫たちの飼主さんを募集します。

2匹とも、平成24年3月31日生まれ、茶トラのオスです。

写真左:青くん 大人しくて、警戒心がやや強い。
写真右:赤くん ヤンチャで、人が好き。


数枚写真を撮っている間も、青くんはほとんど動きませんでしたが、
赤くんはちょこまか動いて、ボケている写真がたくさん。。。^^;

konekokyodai2.jpg

みなさん、よろしくお願いいたします猫(笑)猫(足)



********** 6月4日追記です **********

子猫ちゃんたちは、新しい飼主さんが決まりました!!
気に掛けてくださったみなさん、ありがとうございました猫(笑)
ニックネーム だんご at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

◆子猫がダブルになったーっ!!◆

201205261315002.jpg201205261312000.jpg201205271722000.jpg201205271721001.jpg
昨日まで、上2枚の状態。
今日から、下2枚のようになりました(;^_^A

(今日の昼過ぎ、また玄関前に、
子猫が捨てられていました。)
誕生日が同じらしい。
色、柄も似ているので、
兄弟かもしれない…。
けど、性格は正反対みたいです。

子猫ほしい人、いませんか??
ニックネーム だんご at 18:31| Comment(2) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

◆ハーネストレーニングと犬の砂場◆

5月18日(金)、ゴールドベリを連れて
へちまこさんのフリースラインドハーネストレーニング&犬の砂場に参加しました。

ゴーちゃん、初参加です^^
今回のトレーニングでも新に分かったことひらめきがたっくさんありましたよ〜犬(笑)


午前中のトレーニング会は、ゴールドベリとトイプードルちゃんの2頭のみ。
ゆっくり教えてもらうことができました。

ゴーさんの問題は、ハーネスを使用しているとお散歩中に歩かなくなってしまうこと。

そこで、へちまこさんがリードで合図するやり方を教えてくださいました。
(これが「リードでささやく」というやつなのかしら?)

へちまこさんがやると、ゴーちゃん、一回で振り向くんだけれど、
私はヘタクソらしく、何回やってもなかなか振り向いてくれません。
練習あるのみ、ですねわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

それから、しばらくして。
会場の公園の片隅に歩いている猫が見えた時。

ゴーさん、猫を見ると吠えるので、
見えないようにと私がちょこちょこ動いてゴーの視線をさえぎっていたら、、、
へちまこさんに笑われちゃいました^^;^^;

見るのはOKなんですって。

飛び掛ろうとか、吠えようとする瞬間に、
「それはダメだよ。」と畳み込むように伝えるのだそうです。
リードをしっかり握って、犬の前に立ちはだかって、遮断する感じ。

なるほど〜〜〜exclamation×2

で、このときちょっと悟りました。

私、「叱る」ということがわかっていなかったかも。。。(汗)

いや、頭では理解しているつもりなんです。
「叱る」と「怒る」が違うことも。
でも、何となくわかっていない感じもしていました(汗汗)
(叱ろうとすると怒るになってしまいそうな気がしていました。)


このとき、初めて思った。
私、「叱る」ってことが感覚的にわかっていなかった。と。


「叱る」なんて、人間なら誰でも知っているものだと思っていました。
当然、自分もわかっているものと。
でももしかしたら、世の中には「叱る」ことが感覚的に分からない人も
いるのかもしれない。。。


前記のリードの合図と同じで、
実際の模範演技を見て、何回か練習しないと身につかないのかも。。。

ちゃんと叱ることができる人からみれば、
「そんなバカな。」と思うかもしれませんが、
私には「叱る」練習が必要みたいです^^;


そしてそして、興奮して飛び出す前に「胸が膨らむ」ということexclamation×2
(だから、胸が膨らんだら制止すればよい、と。)

胸が膨らむ、とは初耳です。と言うと、
へちまこさん、呆れ顔に。。。^^;^^;

そんなにメジャーなことを私は知らなかったんだーーーexclamation×2(激汗)

いや、もしかしたら、エアデールはモジャ毛だから、わかりにくいのかも。

「鼻シワ」や、「背中の毛を立てる」というのも、
柴系ワンコの飼主さんたちから聞いて初めて知ったものでした。
ゴーがやっているのを見たことがないです。
(気づいてないだけかもしれませんが。)

吠えるとき、肛門が大きくなったり小さくなったりするのは知っていたけど。

お尻を見ていたんじゃダメですね^^;
胸をよく観察せねば!



それから、へちまこさんとルークママさんに指摘されたのですが、
ゴールドベリは歩き方がおかしいようです。

私も、ゴーが後ろ足の膝を伸ばしたまま一歩一歩踏みしめるように歩くのは知っていました。
エアデールだから、脚長テリアだから、人間のスピードにあわせると
そういう歩き方になるのかな、と思っていました。
でも、一般的に見るとおかしいようです。

ためしにへちまこさんがゴーの後足を触ってみると、
ゴーさん、ちょっと嫌がりました。
もしかしたら、痛いのかもしれないって。

そういえば、ゴーは足拭きの時、軽く唸ることがあるんだよね。

それに、最近、足が震えることも出てきました。
少しさすってあげるとすぐに治まるんですけど。
年齢的なものだろう、と思っていました。

痛がるようなら病院で見てもらった方がいいって。
まず体重を落とせ、と言われるらしいですが^^;
階段とかも気をつけた方がいいみたいです。

よく考えてみれば、ゴーも9歳。人間で言えば60代?
うちの母と同じ年齢ぐらいだものね。
母も階段を上がるとき膝が痛いとか言ってるもんね。


午前中のトレーニングがそろそろ終わる頃、
へちまこさんが再び、リードの合図をゴーに送ったけど、
全然動かないゴールドベリさん。

「疲れちゃったのかな〜?」

ゴーがお散歩中に動かなくなるのは、
足の痛みや疲れも考えられるのかもしれません。

これからは、無理に歩かせるのはやめて、
ゴーのペースでのんびりお散歩を心がけようと思いました。



トレーニング中の写真は撮り忘れました^^;
flh-t1.jpg
これは、午後の部が始まる前。
お昼休みの雷雨でビショビショになった、集合場所の公園です。


参加者のみなさんと午後の犬の砂場の会場へ移動しました。

flh-t2.jpg
みんなのびのびと歩きまわっています。

が、暑いからか、疲れたからか、ゴーさんは早くも帰りたい様子。。。^^;
flh-t3.jpg


午前中に習ったリードの合図を何度もやって、
どうにか広い場所まで連れてきたよ^^;
flh-t4.jpg
ゴーさん、他のワンさんとにおいを嗅ぎあったりして、ちょっとうれしそう^^

右側の黒いコは、大きく見えるけど、まだ3ヶ月の黒ラブmixパピーちゃん。
動きがパピーでかわいかったよかわいい

左奥に見える白い看板の下が、唯一の日陰でした。

その看板の日陰に荷物とゴーの水入れを置いていたのですが、
flh-t5.jpg
「お水ちょうだ〜い!」とやってきたパピーちゃんにあっさり譲るゴーさん。
やさしいんだか、気が弱いんだか(笑)

そして、とにかく帰りたいゴーさん。
flh-t6.jpg
道ではなく、石の斜面を登ろうとする^^;

確かに暑くてかわいそうだったので、
一足お先に帰ることにしました。

集合場所の公園まで戻って、公園の水道でお水をたっぷり飲んだ後、
車まで戻る途中、耐え切れずに
公園脇の建物の日陰で休むゴーさん。
flh-t7.jpg
ごめんよ〜犬(泣)
よっぽど疲れていたんだね。。。


あぁ、そして。
車に乗って10分もしないうちに、今度は私が鼻血(汗)
(最近鼻血出していなかったから、油断していた。)
ちょっと疲れて、肩がこると、鼻血出やすくなるんだよね。
信号待ちの間に急いでティッシュを鼻に詰めたけど、
ジーンズとシートベルトに血痕が。。。^^;


へちまこさんの教室はとても勉強になるのだけれど、
私とゴールドベリの体力を考えると、
今後は参加を控えた方がいいのかももうやだ〜(悲しい顔)


午後の犬の砂場は、
犬たちの会話をあまり(というか、ほとんど)観察できませんでした。

まぁ、詳しい人が横で解説してくれなければ、
見ていても、見ているだけで終わってしまうのですが^^;


看板のそばにいたとき、ルークママさんが教えてくれました。
「ほら、チェシアがこっちを見ているでしょ。」
こちらには、ゴーとパピーちゃんしかいなかったのですが、
トラブルにならないか、様子を見ていたそうです。


うんうん、わかる気がする。
ゴーもよく周りを見ていた。
セラピードッグ仲間にも「ゴーちゃんは全体を見ている。」と言われたりした。
ゴーは平和主義者だからね(テリアっぽくない)。
でも、リデルちゃんやチェシアちゃんみたいに介入する、ってことはなかったね。

年取った今は、あまり周りを気にしなくなったね。
子犬をうっとうしがるようになった。
チワワのちーちゃんがしていたような、「老犬吠え」をするようになった。


犬の砂場で、ゴーがチェシアちゃんに対して吠えた時があったんだけど、
もしかしたら、チェシアちゃんが走るときに聞こえたカッチャカッチャという音が耳障りだったのかもしれない、と思いました。

2012年05月19日

◆ミニ花壇◆

201205190947000.jpg
ミントとカモミール(?)が伸びすぎですが(;^_^A
花がたくさん咲きました。
ニックネーム だんご at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆カモミールですか?◆

201205190947001.jpg201205190948000.jpg
花が咲いたんですけど、
本当にカモミールなんでしょうか?
随分にょきにょき伸びてますが?
ニックネーム だんご at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

◆ハーネストレーニング◆

201205181142000.jpg201205181511000.jpg
へちまこさんのハーネストレーニングと犬の砂場に、ゴーと参加しました。
しかし暑くてゴーがバテバテだったので
早めに帰ることにしました。

左はハーネストレーニング中。
右は、犬の砂場を退場して、
公園で水をがぶ飲みした後
車へ向かう途中の日陰の通路で休んでいるところ。

この記事を書くいている間も、
ゴーさん、動く気配なし(;^_^A
ニックネーム だんご at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

◆本当に不思議な犬のアンテナ◆

だいぶ前から書くべきか迷っていたのですが、
似たような状況で困っている飼主さんへのヒントになるかもしれない、
と思い、ブログに書くことにしました。

犬のアンテナの不思議な話です。


ゴールドベリは、一時期(5〜6歳の頃)、
性格が変わったかと思われるほど、とても荒れていました。

どれくらい荒れていたかというと、
私が背中をなでただけで、ガウッと噛みつくまねをするほど、です。

その頃のゴーは、いつもピリピリしている感じで、
笑顔をちっとも見せてくれませんでした。

散歩中も些細なことで、吠えることが多かったです。
その頃は気の合わない犬も増えてしまいました。

犬同士がケンカになるのが怖くて、
知っている犬に会っても、ちょっと挨拶したらすぐに失礼していました。

実際のところ、その頃の私はゴーと散歩するのが怖かったです。
私自身も神経質になっていてピリピリしながらお散歩していました。


どうしてそうなってしまったのか、全く訳がわかりませんでした。

特に環境が変わったわけでもなく、
私たち家族の接し方が変わったわけでもありません。


当時の私に考えられた理由は3つほど。
しかし、そのどれもが決定的といえる部分がなく、
本当にこれが理由なのだろうか? と思うものばかり。。。
 

その頃は毎月セラピードッグの訓練会や実習に参加していました。
もともとゆる〜い関係のゴールドベリと私。
服従訓練がしっかりできているわけではありません。

ですが、セラピードッグの訓練会では、
「おやつもらえないし、気が乗らないからやらないよ〜。」
みたいなこともよくありましたが(汗)、
基本的に人や犬に会うのが大好きなゴーは、
訓練会や実習は楽しんでいるようでした。

しかし、いつの頃からか、訓練会場でピリピリすることが多くなり、
私はゴーのハンドリングに苦労するようになりました。
そして、ある日の訓練会で、ゴーの怒りが爆発爆弾しました。

ケージに入れる練習をしている時、ゴーが嫌がって興奮して
近くにいた犬の尻尾を噛んでしまったのです。
幸い、尻尾の毛をかすっただけのようで怪我はなかったようでした。
が、ゴーの興奮を鎮めるために、
私はしばらくゴーの口ひげを両手で掴んでいなければなりませんでした。

そして、その後のハンドラーチェンジの時にも、
実習生仲間がゴーのハンドリングしたのですが、
何かの拍子にゴーが怒って彼女の手に歯を当てました。


このような状態では、とてもセラピードッグの実習へは連れていけません。
その日以来、ゴーはセラピードッグの訓練会にも実習にも参加させていません。
(イベントには顔を出しましたが。)

それまで約2年間、セラピードッグの訓練を問題なく続けてきて、
どうして突然、荒れ狂ってしまったのか?
さっぱり分からん???
ゴーの性格が変わってしまったとしか思えなかった。

実習生仲間たちは、
訓練以前のしつけの問題だからと、
それぞれドッグトレーナーさんを紹介してくれました。

セントトレーニングでお世話になったトレーナーさんからは、
「犬の性格は変わらない。だんごさんとゴーちゃんの関係を見直した方が良い。」
と言われました。


その頃参加したスーパードッグカーニバルのウェルカムドギーでも。。。
ゴーは何だか常にピリピリしていて、
会場内のトイレではない場所であちこち排泄してしまいました。

過去2回参加したスーパードッグカーニバルでは、全くそんなことはなかったのに。
人好き、犬好きのゴーは、にこにこ笑顔でウェルカムドギーをやっていたのに。。。
過去2回のうち、1回はアリアンも一緒に参加したけれど、何の問題もなかった。。。

家では、私や家族がアリアンにかまっていると、
ゴーが吠えることはよくあったけれど。

アリアンにやきもち焼いているのか?

しかし、アリアンが家に来てからすでに2年位経っていたし、
今更アリアンのことで、性格が変わるほどゴーが荒れたとも考えにくい。


では、猫たちか?
2階で猫たちが走りまわると、ゴーがワンワン吠える。
(つられてアリアンも吠える。)
アリアンは猫と遊ぶけれど、ゴーは猫を見ると興奮するので、
1階は犬、2階は猫、と住み分けている。

しかし、猫たちが我家に来てからもすでに1年以上が経っていた。。。


まったく原因がわからないまま、約1年ほど過ごしていました。


そして。
いつの間にか。

気がつくと、ゴーは以前の落ち着きを取り戻していました犬(笑)


何だったんだろう???


振り返ってみると、
ゴーが荒れていた時期は、だいたい、娘が不登校の頃と重なっており、
それで私がとても心配したり、悩んだりしていた時期でした。

セラピードッグ訓練会でも、訓練終了後、よく、実習生仲間に娘のことを相談していました。

荒れていた頃のゴーは、ちっとも笑顔を見せてくれず、
ツンとすましたような顔ばかり。。。
そして、娘も不登校の頃はプイッと顔を背けたような表情ばかりしていました。
(その頃の娘とゴーの表情は今から思えばソックリでした。)


そして、娘が転校して不登校の問題が片付いた頃、
ゴーの性格も元通りになっていたのでした。。。

どうやら、私の不安な気持ちにゴーが反応していた、ということらしいです。



こんなことって、あるんですね〜exclamation&question
私が抱えていたのは、犬とは全く関係のない悩みだったので、
全然気がつきませんでした。

私の周囲の人たちも、思いもよらなかったのでしょう。
だぁれも、この事を指摘してくれた人はいませんでした。
(犬関係のプロの方も含めて。)


私自身、本当にこれが原因だったのか、半信半疑でした。

しかし、とある犬の質問コーナーで、
「突然、犬が唸ったり噛んだりするよになりました。原因がわかりません。」
という類の質問に返答していくうちに、だんだん確信を持つようになりました。

Q&A1

Q&A2


ゴーの性格が荒れた原因は、私の不安な気持ちにある。
ということを誰も教えてくれませんでしたが、
そういえば、お一人だけ、近いことをおっしゃった人がいました。

CURE3の伊藤先生です。

たまたま、ゴーが荒れていた頃に参加したJATAの勉強会で、
講師の伊藤先生にゴーのことを相談しました。

ゴーがセラピードッグの訓練に参加して、老人ホームへ実習へ行っている、
とお話すると、伊藤先生は、
「ピュアなコほど、かぶっちゃうのよね〜。。。」とおっしゃいました。

どうやら、老人ホームのお年寄りたちの感情をゴーがかぶっている、
という意味のようでした。
しかし私が見る限りでは
ゴーの荒れる時とセラピー実習は時間的に関係がなさそうだったので、
そういうこともあるのかなぁ、ぐらいにしか思いませんでした。


そして、解決に結びつくものではなかったけれど、
私が聞いて一番うれしかったのは、
国際セラピードッグ協会の大木先生のおっしゃった言葉でした。

「大丈夫。ゴールドベリはきっと良くなるから。」

思わず涙がこぼれました。

ああしろ、こうしろ、のアドバイスはいっさいなく、
ただ一言「大丈夫。」と。

自分がどれほど、この言葉を待っていたことか。。。


私は、主任児童委員という立場上、他の方から相談を受けることもありますが、
アドバイス云々は専門家に任せて、
相談者の気持ちに寄り添い「大丈夫ですよ。」と言ってあけたい。
そう思うようになりました。


(なんか話がずれてきているなぁ。。。
長いので、数日に渡って書いているので^^;)

何はともあれ、

余談ですが^^;


ゴーちゃんの性格がどんなに荒れても、
アリアンにはちっとも変化がなかったのですよ。

犬によってアンテナの感度が違うのかな??^^;


そして現在、
今度は息子のことで問題を抱えていますが(汗)
私が心配しすぎると、ゴーがまたおかしくなるかもしれないので、
あんまり心配しないことにしています^^


まぁ、何とかなるでしょうわーい(嬉しい顔)るんるん
ニックネーム だんご at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

◆捨て猫ちゃん◆

201205151050000.jpg201205151051000.jpg
アリアンの散歩から帰って来ると、
うちの前に自転車を停めて何かやってる人がいました。
自転車に荷物を積み直しているのかな?
と思って
気にせず家に入ろうとしたのですが。。。

立ち去る自転車の荷台に、さっきまであった段ボール箱がない?!

門の外へ回ると、段ボール箱が( ̄□ ̄;)!!
ポチポチ穴があいてるし(汗)

というわけで、
2ヶ月ぐらいの茶トラの子猫ちゃん、
飼い主募集中です(;^_^A

(うちの前に捨てて行かないでくれーーー!!!)
ニックネーム だんご at 11:42| Comment(2) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

◆黒豆ちゃん◆

ゴールデンウィークの最終日、
ご近所エアデールのモモちゃんの赤ちゃんかわいいを見に行きました。

5月1日に、男の子6頭、女の子2頭の8頭が生まれました。

momo-babies1.jpg
まだ5日目。
でも、ちっちゃな爪もちゃんとあって、めっちゃかわいいよ〜ぴかぴか(新しい)ハートたち(複数ハート)

momo-babies2.jpg
モモちゃん、しっかりお母さんやっていました。
えらいね〜Clapかわいい

momo-babies3.jpg
お乳に吸い付く黒豆ちゃんたち。
かわいいです〜揺れるハート

我家にもう少しゆとりがあれば、1頭もらいたいですよ、本当に。
でも、寝たきり老人の介護もあるしね。。。

モモちゃんもパパ犬も血統申し分ないし、
黒豆ちゃんたち、とてもいい子に育つと思いますよ犬(笑)
ニックネーム だんご at 10:50| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

◆いつもの公園◆

201205021057000.jpg
今日、雨が途切れ間に、ささっとお散歩。
いつもの公園、藤がきれいに咲いていました。
ニックネーム だんご at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

◆「ゆるゆるのゴム」と「アンテナ」◆

タローの主さんのお散歩会に参加して、
(参加したのはもうすでに1ヶ月以上前のことですが^^;)
思い出したことがあります。

それは、昔、
「ゴールドベリと私はゆるゆるのゴムでつながっているの〜^^」
なんて話していたこと(笑)

ゴールドベリが2才前後の頃、
Dogship のストリートスマートというしつけ教室に参加しました。
その時に習ったリコールを家の庭で練習していた時。
飼主が見える範囲にいる間は、呼んでもちっとも来ないゴールドベリ^^;
でも、家の角を曲がって見えないところから呼ぶと、とっとと来る(笑)
そんな様子を「ゆるゆるのゴムでつながっている」と
トレーナーさんたちに言い訳していたのですが^^;
たまたま、その頃イギリス旅行へ行ったDogshipの元トレーナーさんが、
イギリスのワンコと飼主さんの様子を見て、
「ゆるゆるのゴムでつながっているみたいでした。」とコラムに書かれたのを見てにんまりした私でした顔(イヒヒ)

お散歩会で、ゴーを歩かせるのに悪戦苦闘しながら、
そんなことを思い出したんですよ(笑)
今やゴムは伸びきってしまって、切れる寸前なのかもexclamation&question顔(汗)


ゴールドベリと私をつなぐもの、もうひとつあります。
それが「アンテナ」

ゴムはゆるゆるですが^^;
ゴールドベリのアンテナは非常に感度が良いようです。

昔、こんな記事も書いていました。
(今から思えば、走り寄ってくる犬と人間なんて超迷惑だったかも^^;)

私の心情に反応しやすいゴールドベリ。。。
楽しいことなら良いのですが、
心配や不安にも反応してしまうので要注意です。
(今までたくさん失敗した。)


犬のアンテナは本当に不思議。
次回は、極めつけ、不思議な犬のアンテナの話を書きたいと思います。
ニックネーム だんご at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする