2012年12月29日

◆『101』のエアデール◆

一昨日、ディズニーチャンネルで映画『101』を見ました。


その昔、
ゴールドベリを飼い始めたころ、
お散歩で会った人から、
「101匹わんちゃんに出ていた犬ですよね?」
と言われたことがありました。

でもその頃は、まだ『101』を見ていなくて、
てっきり、アニメ版の『101匹わんちゃん』だと思った私。
家にあったビデオを何度も見直しましたが、
全然エアデールが出て来なくて、ガッカリした記憶が。。。顔(汗)

その後、実写版の『101』のことだと知り、
ビデオを借りてきて見ましたよGood

エアデール君、かっこいい役だよねexclamation(ボサボサだけれど犬(笑)あせあせ(飛び散る汗)


一昨日、久しぶりに『101』を見て、
ふと気づきました。。。ひらめき

あのボサボサのエアデール君。
あれは、わざとああいうボサボサスタイルにしていたのね^^
だって、耳だけ、きれいにプラッキングされているもの!!

と思っていたら、あれれ?
お耳の毛が適度にフサフサの時もあるexclamation

もしかして、エアデール君はダブルキャストなのかexclamation&question

そしてそして、どっちのエアデール君なのかわかりませんが、
撮影途中で怪我でもしたのか、
脚を引きずっている時がありました犬(泣)

録画じゃないから、戻して確認すること、できなかったけど。


前に観たときは、全然気が付かなかったけれどね。
最近、自分でプラッキングするようになったから、
細かいところに目目が行ったのかも^^;


まぁ、どうでも良い話でした犬(笑)

ニックネーム だんご at 13:10| Comment(5) | TrackBack(0) | 本とか、映画とか、 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

◆カイザー、再びリキに会う◆

昨日の夕方、カイザーと散歩していて、
またまた、
ゴールドベリの幼馴染の柴犬リキに会いました。

先週から脚上げオシッコをするようになったカイザー。
(でも、中身はまだまだおこちゃま犬)

テリ吉さんから、
「オスは脚上げるようになったら気をつけた方が良い。」
と聞いていたので、

向こうからリキが来るのが見えて、念のため、
道路の反対側の歩道へ渡りました。


道路を渡ったものの、しかし、
リキおじさんもカイザーも、お互いが気になるようで、
道路を挟んで、その場を動こうとしません。

もしかしたら、カイザーを見て、
リキおじさんは幼馴染のゴールドベリを思い出したのかもしれません。

リキとゴーちゃんは、子犬の頃、
本当によくプロレスごっこしていたものね〜犬(笑)


それぞれ飼主がリードを引っ張っても、
リキもカイザーも動かない。

それで、カイザーを少しリキの方へ近づけてみました。


カイザーはすでにリキよりも体高がありますが、
リキも柴犬にしては大きい方です。
縁石に前足を乗せたリキの頭は、カイザーと同じくらいの高さに。

おこちゃまカイザーがリキに無礼を働かないか、ちょっと心配でしたが、
カイザーを近づけてみると。。。

カイザーは、頭を下げてリキの胸あたりのにおいを嗅ぎ、
リキおじさんは、カイザーの耳のにおいを嗅ぎましたGood

それから、カイザーは一歩下がると、
バウをしながら「ウォンウォン」と誘いましたが^^;

そこは、9歳のリキおじさん、
応じず、動じず、無言で、
においを嗅げて満足したのか、立ち去りました。


あー、良かった顔(笑)
バタバタしながらも、カイザーはどうにか礼儀をわきまえているようで^^;

いつもゴーちゃんにやるように、
飛びついてジャレ出したらどうしようかと思った^^;

でも、よく考えてみれば、今までも、
カイザー、よその犬に対してはほとんど無礼なことをしていません。

人間に対しては、かな〜り無礼なんですけどね顔(汗)



それから、昨日はもうひとつ、おぉexclamation×2と思うことが。。。

カイザーの散歩が終わって、
今度はアリアンと散歩している時。

アリアンは甘えん坊なのですが、
家の中で甘えるとゴーちゃんが怒るので、
普段はあまりかわいがってもらえません。

それで、時々、
お散歩の途中で、ベンチに座ってアリアンを抱っこしてあげたりします。
(なぜ、ベンチに座るのかというと、アリアンが大きくて重いからです^^;)


昨日も。
焼肉店の道路向かいのベンチに座って、アリアンを抱っこしてあげようとしました。

が、
アリアン、乗ってこない。。。??
(いつもはとても甘えん坊なので、すぐにダッコダッコです。)

横向きで立ったまま、ジッとしています。

それで、お腹の下に腕を入れてアリアンをすくい上げ、
そのまま膝に乗せました。
そのままのフセ状態で、
お尻がちょっと膝からはみ出すので(アリアンは大きいのです^^;)
手で支えて。。。

これが、ビックリなのですexclamation×2

普通のわんこさんなら、フセ状態でお膝にいるのは普通なんでしょうが、

アリアンの場合、
抱っこされると、ただちに自ら仰向けになり、甘えた顔します。
もう、条件反射のよう!
他の抱き方、姿勢は絶対ムリ!!
よほど、お姫様抱っこが好きなんだね〜。。。と思っていましたが。


普通にフセの姿勢で膝に乗っかってるアリアン。
「殻を破ったな顔(イヒヒ)」と思った瞬間でした。

そのまま、しばらく焼肉のにおいを堪能して。
(ゴーちゃんなら、こんな良いにおい、地面でゴロンゴロン、スリスリしちゃいますが、
アリアンは特に反応なし^^;)

普通に膝から下りて、普通に歩いて帰りました。

何だか、また、犬らしくなった(ような気がする)アリアンです犬(笑)
タグ:犬語の観察
ニックネーム だんご at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

◆アリアン、セントゲーム始めています◆

ケリーブルーテリアのアリアンロッドは、
以前はとても「せっかちさんあせあせ(飛び散る汗)」でした。

部屋の中でゴールドベリが1回に歩く距離を、
アリアンは3往復ぐらいしていました^^;

庭に出せば、ぶっとんで走り回るので、
「弾丸小僧」とか「ロケット娘」と内心あだ名していました^^;

動物病院の先生からは「ラテン系」と言われました^^;

アリアンの姉妹犬も常に動いているコで、
「まぐろちゃん」と呼ばれていたと聞きました。

アリアン、お散歩ではいつもリードを引っ張ってジグザグに歩き、
におい嗅ぎも、ちょっと嗅いだらすぐ次へ。
と、せわしないコでした。

自転車散歩では、本領発揮!
調子よくどこまでもスイスイ走りました。
前の飼主さんのところで自転車で散歩させていたそうで、
あ〜、なるほど。これがアリアンのペースなんだろうな、と思っていました。
(だから、におい嗅ぎもほとんどしないで、先を急ぐんだね、と。)


そんなアリアンでしたが。。。

今年の春に、ハーネスと3mリードに変えてから、
だんだんと引っ張りがなくなり、
におい嗅ぎに時間をかけるようになり、
落ち着きが出てきて、
よその犬を見ても吠えることが減ってきていました。
年齢的にもシニア世代に入ってきて、
落ち着きが出てきたのかもしれません。


と、ここまでは良かったのですが。。。顔(汗)

7月に弟犬、カイザーを迎えて、
一緒に散歩するようになると。。。たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

やんちゃ坊主のカイザーがいつもアリアンにちょっかいを出すので、
アリアンは嫌がり、カイザーから逃れるために、先を急ぐようになり、
また引っ張りが出てきてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

アリアンは、ゴーちゃんのようにビシッパンチとは叱れないので、
カイザーはいつもまでもちょっかいを出すのです^^;

そして、カイザーが成長してやんちゃ度が増すにつれて、
アリアンのハイテンションも戻ってきてしまいました。。。顔(汗)

(ちなみに、9歳のゴーさんはハイテンションにはなりません(当社比)が、
カイザーのちょっかいにイライラ度はアップグッド(上向き矢印)しているようです。)



我家の3頭の中で一番手がかからないため、いつも後回しになっているアリアン。

何となく、気持ちが通じ合っていない感じがするアリアン。

そんなアリアンと一緒に何かしたい、と思い、
セントラインさんのセントゲームを受講することにしました。


下今回一緒に受講したメンバーは、、、
scentgame1.jpg
エアデールのモモちゃん、ウエスティのスノーウィー、ケリーブルーのアリアンの3色テリア犬(笑)

「におい嗅ぎは頭を使うから犬にはいいんだよ〜。」と話たら、
スノーウィーママさんが興味を持ってくれて、
みんなで一緒に受講することになりました。


まずは手はじめということで、
片手におやつを隠して、「どっちだ」ゲーム。

これがまた、三犬三様でおもしろいexclamation

おうちでも「どっちだ」ゲームをよくやっていたというスノーウィーは、
集中力があってやる気満々!
あとは精度を上げて、「こっちです」の表現を明確にできることが目標。

モモちゃんは、さすがエアデールというか、頭が良いというか、飲み込みが早い!
最初はわからなかったルールもすぐに覚えて、
オテで指示することもすぐにできるようになりました。


そして、我家のアリアンは、、、

もともと鼻をあまり使っていない様子だったのにくわえて、
ケリー特有のアレルギーっぽい症状(目ヤニや鼻水が多く出る)もあるため、
「フゴフゴ」音を立てて、いっぱい匂いを嗅いでいるわりには、
正解がなかなか出せない顔(汗)
アリちゃんの鼻は、これからタップリ鍛え甲斐がありあそうです^^;


モモちゃんとスノーウィーには、さらにハイレベルの課題が!
匂いがほとんどもれない状態での「どっちだ」ゲームです。

次回までに、アリアンも少しでも近づけるように頑張りたいと思います手(グー)



ところで、

前々から、ゴールドベリとアリアンロッドは、
私との気持ちの通じ方が違うなぁ、と感じていたのですが、
(ゴーちゃんには私の気持ちがよく伝わるようなのに、
アリアンは鈍い感じ)

セントラインさんからひとつのヒントをいただきました。

「アリアンはゴーちゃんを見て育っていますよね。」

最初は意味がよくわからなかったのです。

(だってアリアンは成犬になってからうちに来たし。
それとも、うちに来てからゴーのマネをするようになった、てこと?)

「2頭めはどこのおうちでもだいたい同じようですよ。」


そうかひらめき

ゴーちゃんは一人っ子だったから、いつも私や家族に注目していた。
(だから私達の気持ちを汲み取るのも上手。)

でも、アリアンは、私達に注目すると同時に、
先輩犬であるゴーちゃんにも注目しなくてはならないから、
飼主への注目度が半減してしまうのね。

そんな2頭めアリアンだからこそ、
アリアンとだけやるセントゲームは深い意味があるのかもしれない。。。


うちに来た当初から、どこかもらわれっコ感が消えないアリアン。
いつも優等生を振舞う、でも空気が読めないアリアン。

我家に来て、もう6年近くになりますが、
ココに来てはじめて、
良いのか悪いのか(笑)地が出てきた感じがします。

最近、抱っこの要求がひどくなってきた。
前なら「抱っこできないよ」というとすぐにあきらめていましたが、
今はしつこく抱っこを要求します^^;

ハーネス&3mリードの影響か?
セントゲームの効果なのか?
それとも、単に年のせいなのか?

飼主側からすれば、ちょっと手がかかるようになってきましたが、
地が出てきて、ますますかわいいアリアンです犬(笑)

2012年12月20日

◆またまたテリ吉さんのプラッキング講習会◆

12月16日(日)、またまた、
テリ吉さんのプラッキング講習会にカイザー連れて参加しました。

下カイザー、何だか、迷惑顔ですね顔(汗)
plucking121216-2.jpg
犬(泣)「またヌキヌキするんですか。。。」


今回の参加犬は、

下カイザーの兄弟犬のヘンリー王子、7ヶ月
plucking121216-3.jpg
パパさんの肩につかまって、テリ吉さんにお腹ヌキヌキされていますあせあせ(飛び散る汗)
カイザーと同じくらいの大きさだから、25kgはありそうです顔(汗)

下前回もお会いした、ロビン君、7ヶ月
plucking121216-4.jpg
トリミング台の上でちゃんと大人しくしています。

下前回も一緒だった、JRTのはまちゃんとNFTのこいたろうちゃん。
plucking121216-5.jpg
テリ吉さんの講習会1回目から皆勤賞だそうですClap

この他に、午前中のみで帰られたウェルシュテリアちゃんがいました犬(笑)


カイザーは、あまり伸びていないように見えましたが、
私がやると丸一日プラッキングしていても終わらず。。。バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

終了したコたちは遊び始めていました。

下ヘンリー王子とロビン君のプロレスごっこどんっ(衝撃)
plucking121216-6.jpg
エアデール同士のおすもうは迫力がありますね〜あせあせ(飛び散る汗)

その頃、カイザーは。。。
plucking121216-7.jpg
犬(泣)「ボクも遊びたいです。。。」

下こいたろうちゃんにお顔をカリカリされてるヘンリー王子。
plucking121216-8.jpg
こいちゃんは遊びたいみたいだけれど、ヘンリーは戸惑っているようでした顔(イヒヒ)


今回も、時間が経つのがとても早く感じられた、
充実した講習会でした。
テリ吉さん、参加者のみなさん、ありがとうございました犬(笑)
ニックネーム だんご at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

◆防災訓練とエアデールテリアクラブ埼玉のトリミング会◆

12月2日の日曜日、
全市をあげての防災訓練と
エアデールテリアクラブ埼玉のトリミング会がありました。


主任児童委員をやっている私は、
民児協の定例会で市の防災訓練について市職員さんからお話を聞いていたので、
参加しないわけにはいかないだろう。。。
どうせなら、ペット同行避難が可能であるか試したい。。。

というわけで、我家のペット代表でアリアンを連れて避難訓練に参加しました。
(だって、大勢ぞろぞろ連れていったら、訓練の迷惑になるかもしれないし^^;)

そしたら、そしたらexclamation
アリアンは町内会のペット代表exclamation&question
というより、指定避難場所の中学校地域のペット代表exclamation&question

他に誰もペット同行避難なんてしている人、いなかったわ。。。顔(汗)

というより、避難訓練に参加している人、少なすぎexclamationexclamationexclamation
こんなんで、大丈夫なのか〜???


避難場所の体育館の入り口で、名前と住所を避難者カードに記入して。。。
その後、非常食の試食などがあったようですが、
それはパスして、次のイベントへ車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)


7ヶ月、25kgのデカパピー、カイザーを連れて、
エアデールテリアクラブ埼玉のトリミング会に参加してきました犬(笑)

あわてて、デジカメを忘れた私たらーっ(汗)

ワイヤーフォックスのヒュー君のママさんが、
たくさん写真を撮って、メールで送ってくれました。

下先生に左側半分だけトリミングされているカイザー
atcs121202-1.jpg
シッポが下がりっぱなしです^^;

ゆず・かぼすさんが、カイザーの耳毛を抜いてくれました。
これでますます、エアデールっぽい顔つきになったグッド(上向き矢印)

お昼は、みんなでテーブルを囲んで、
メインの芋煮、おにぎり、てんぷら、胡麻和え、ソーセージ、お漬物、フルーツと、
毎度ながら豪勢なランチぴかぴか(新しい)をいただきましたるんるん


下最後に、みんなで並んで集合写真カメラ
atcs121202-2.jpg

人間27名、
エアデールは12頭、その他の犬種12頭の合計24頭の参加だったそうです犬(笑)
みなさん、お疲れ様&ありがとうございました。
ニックネーム だんご at 11:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 犬イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

◆私がハーネスに変えた理由◆

今回、カイザーに購入したパーフェクトフィットハーネス(PFH)

201212071456000.jpg

や、
ゴールドベリやアリアンロッドが使っているフリースラインドハーネス(FLH)

201204111659000.jpg

は、
イギリスのDOG−GAMESというサイトで考案&販売されている犬具です。
獣医さんやレスキューセンターで推奨されている商品です。

ハーネスにどのような利点があるのか?

今回注文したPFHに付けられていたタグに、英文で利点が書かれているので、
英語力の乏しい私が(汗)何とか意訳してみます顔(汗)


〔首輪に比べてハーネスを使うことの利点〕

@首やのどに不快な抑圧がかかりません。
 そのため、痛みやアドレナリンレベルを減らします。

Aリードは犬の背中に付けるので、重心に力がかかります。

B犬同士のボディランゲージによる会話がより自然になります。
 リラックスして安定します。
 よって、他の犬や見知らぬ人の近くでも、落ち着いてより友好的になります。


このようなことが書かれています(もしも間違っていたらごめんなさい)。

@については、「痛み」に関してはすぐに理解できるのですが、
「アドレナリン」はなかなか知られていないと思います。
首にショックがかかると、脳内にアドレナリンが放出されて、
ますます興奮するのだそうです。
言われてみれば、今までに思い当たることは多々あります^^;
(特にテリアはそんな場面が多いのでは?)

そして、真偽のほどはわかりませんが、
首にショックがかかると頚椎にダメージを与えて、腰を痛める原因になるらしいです。
エアデールでも、年を取ってから腰を痛めた、という話をチラホラ聞きます。
犬にとっても、首は敏感で大切な部分なんですよね。。。


Aについては、リードで犬を止める時を考えてみれば、どちらが安定しているか分かると思います。

ただ、人間が犬を「コントロールする」という視点からすれば、
首輪を使う方がはるかにコントロールしやすいです。
首輪は犬の重心から大きくずれているので、
首輪をひっぱられたら犬はバランスを保つため、従うしかないからです。

逆にいうと、ハーネスは犬にはやさしいが、コントロールはしづらい。
だから「力でコントロールする」のではなく、
お互いの信頼関係や絆が大切になってくるのです。


そして、B
私がハーネスに変えた1番の理由はこれかな。。。?

犬同士の自然な会話。
犬達はお互い平和に交流するために、
ボディランゲージを使って様々な会話をしています。
私達、飼主が知らない間にとてもたくさんのことを話しているのです。
頭の高さひとつをとっても、多くの犬語の意味があります。
それが、首輪につながったリードを引くことで、
意図しない意味へと変化してしまうこともあるのです。

私は、犬達の気持ちをもっともっと知りたい!
犬語をもっと勉強したい!
だから犬達の会話をもっとたくさん観察したい!

だからハーネスなのです。


ゴーもアリアンも、9歳と7歳という年齢になってからハーネスに変えました。
カイザーは、お散歩デビューからハーネスです。

アリアンは、以前はハーフチョークを使っていましたが、
いつもせかせかして、引っ張りが直りませんでした。
しかし、ハーネス&3mリードに変えてから引っ張りが直り、
匂い嗅ぎにも時間をかけるようになり、
犬らしい自然な歩調で歩くようになりました。
(それを、「アリアンの野良犬散歩」と私はよんでいます^^;)

7ヶ月のカイザーは、まだたまにハメをはずすこともありますが^^;
年齢のわりに落ち着いている、と言われることが多いです。
歩く速度が早いときもリードでそっと合図すればちゃんとゆっくりになります。
「リードがゆるんでいる状態」を体で覚えているんですね、パピーでも。

我家の犬達は、たぶん。。。
ハーネスでお散歩することを喜んでくれていると思っています。
(アリアンは装着する時はちょっと嫌がりますが^^;
歩き出せばるんるんるんるんです。)


ちなみに。。。

カイザーのPFHはこちらで購入しました。
興味のある方はのぞいて見てくださいね犬(笑)

2012年12月08日

◆パーフェクトフィットハーネスが届いたよ!◆

201212071413000.jpg201212071435001.jpg201212071440000.jpg201212071456000.jpg
はるばる川崎まで試着しに行った、
カイザーのパーフェクトフィットハーネス(PFH)が
昨日届きました▼^ェ^▼

早速装着してお散歩。
組み立て方、あっているかしら?

カイザーはご機嫌です(^^)v
ニックネーム だんご at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする