2013年02月27日

◆オス犬は。。。◆

カイザーは、私の犬歴(というほど長くはないですが^^;)で
初めてのオス犬です。

いや実際には、子どもの頃、実家にオスの狆もいたはずなのですが、
たぶん、長くても数ヶ月位しかいなかったと思う。
なんだか、すぐに他所の家にもらわれていったんだよね。

で、オス犬っていろいろ面白いなぁ、なんて思いながら飼っています。


カイザーのお里のモモちゃんママは、
「男の子の方が飼いやすいよー。
女の子みたいにワサワサしないから。」と言います。


そういえば、昔、セラピードッグ訓練会のお仲間とお台場に遊びに行った時、
お友達がこんなこと言ってたっけ。

ビーナスフォートへ行ったのですが、
女の子の咲妃ちゃんとゴールドベリはまわりに並ぶのショップに目をキラキラさせてワクワク顔に。
でも、男の子の泰地くんと大和くんは、ママさえいればどこへ行っても安心、というお顔だね。
って。

へ〜、そういうもんなんだ。とその頃はあまり気にしていませんでしたが。

カイザーとゴーを庭に放し飼いにしていても、
カイザーはチョコマカ私にくっついてくるので、
そういうもんなのかもしれない、と最近思うようになりました。


セラピードッグで一緒だったもう一人の黒ラブのパイ君は。
パイ君はとても優秀なセラピードッグになったので、
ママさんは今度は女の子の黒ラブで訓練会に通っているそうですが、
女の子では苦労されているようです。
女の子1頭連れているより、パイ君2頭連れている方が楽だ、とおっしゃっていました。

それだけメス犬の方が、周囲に気が散りやすいんですかねぇ??


猫の場合は。

オス猫の方が周囲に積極的に見えますね。
メス猫は、あまり面倒に係わり合いたくない、という感じで、
ジッしていることが多いです。

我家のルノアールとスーラと、実家の茶坊とシロちゃんを見る限りでは、
の話ですが。

ニックネーム だんご at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆教えていないのに知っていること◆

1週間前のことですが。
カイザーと一緒にカイザーのお里まで、長めのお散歩に出ました。

市役所の前を通りかかると、知り合いの市職員さんに会いました。
私の知り合いと分かると、カイザー急に馴れ馴れしくなり、
職員さんに飛びついてジャレ噛み始めました^^;

すると職員さん、
「ダメだよ、噛み癖はなおさなきゃ!人噛んじゃったら大変だよ。
オールドッグセンターに通いな。
それにこれ(ハーネス)じゃダメだよ、首輪にしなきゃ。」

『わんわんパトロール』の担当だったこの職員さんは、
わんわんパトロールの講習会でいつも講師をお願いしている、
オールドッグセンターの超有名なF訓練士さんのやり方を信じています。

それで私は、
「このコは私の実験でハーネスで育てています。
今に見ていてください。いいコになりますから!」
そう言ってわかれました。


それからしばらく歩いて、スーパーの駐車場で。
幼稚園生の女の子を連れたお母さんに会いました。
女の子は犬好きのようで、
「さわってもいいですか?」と聞いてからカイザーをなでました。

そんな時のカイザーはジッとおとなしくしているんだよね〜^^
女の子がカイザーに抱きつくマネをしてもちゃんとおとなしくしていました。

お母さんが「ママが買いたかった犬種なんだよ。」と女の子に言うと、
カイザー、ちょっとお母さんの手に足をかけましたが^^;
でもじゃれ付いたりアマガミしたりしない。

ちなみに、この親子のお家にはサルーキがいるそうです。


そしてさらに歩いて、川の土手に入ると、
知らないおじさんから「モモちゃーん!」と声をかけられました。
もうお里の近くまで来たから、カイザー、モモかあさんと間違われたみたい^^

そのおじさんに、モモちゃんの息子のカイザーだと紹介して、
しばらくモモちゃんたちの話をしていたら、
カイザー、またまた、私の知り合いだと思ったのか、
そのおじさんに飛びついてジャレ噛み始めちゃったのよ^^;^^;


なんだか、犬って場を読んでいるなぁ〜、って感心してしまいます。


そういえば、ゴーちゃんも。
(昔、子どものサークルのお迎えで公民館へ一緒に連れて行ったとき、)
幼稚園生には飛びつかない。
小学生の女の子にも飛びつかない。
でも小学生の男の子には飛びつく。
驚くほどきっちり線引きしていました。
ゴーちゃんが何を基準にそんな風に考えたのか不思議でしたね〜。。。

それからある時、
ヨチヨチ歩きの赤ちゃんに突然マズルを掴まれたこともあるのですが、
(赤ちゃんのママと私はちょっと焦った^^;)
ゴーはそのままジッとオスワリを続けていました。
その時「エアデールってなんてやさしいんだー!」と思いましたよ^^

こんなこともあった。
ゴーが8ヶ月くらいの時のお散歩中。
前方を自転車が横ぎろうとしていたので、
「ゴーちゃん、自転車が通るから待っていよう。」と声をかけました。
そしたら、私の前を歩いていたゴーが振り返りもせず
その場でオスワリしたのです!
「スワレ」なんて、一言も言ってないのに!
その時は「エアデールはなんて賢いんだー!」と思いました。


もちろん、カイザーもかつてのゴーも、
イイコというには程遠い、やんちゃで暴れん坊将軍でしたが^^;
なんだろう、
教えていないのに知っていること?
ちゃんと考えていること?
あるんだなぁ、って思いました。


そうそう、そういえば。
昔、ゴーちゃんと一緒に参加したテリア講座でも、
「テリアって、教えていないのに知っていることがあるよね」
という話がありましたね犬(笑)
ニックネーム だんご at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

◆ガイドでありたい◆

towingtheline.jpg

dog-gamesでカイザー用のハーネスを注文した時(だったかな?)、
『Towing the Line!』という冊子も一緒に購入しました。

へちまこさんやタローの主さんのブログに出てきた
「アンジェラセミナー」の講師のアンジェラさんが書いたものなので、
興味を持ちました。
(アンジェラセミナー、聞きたかったなぁ!!)

23ページの薄っぺらな冊子なんですが、
英語なので、
辞書を引き引き、ちまちまと読んでいるのですが。。。^^;


この本では、ライントレーニングのやり方(入門部分)が丁寧に書かれています。
ロングライン(長いひも)を使って、犬に、
「オフリードでの散歩のような状態」を教えていくのです。


この本を読んでいるとね、
(まだ、読んでいる途中なんですが^^;)

あぁ、飼主って
犬の「リーダー」ではなく「ガイド」なんだ〜ひらめき
という思いがわいてきました。


ガイドと言っても、
観光旅行のツアーのガイドじゃないですよ^^;


導き手というか、、、
う〜ん、
昔読んだマンガで、山田ミネコさんのハルマゲドンシリーズがあるのですが、
主人公にはガイドがいて、かといってガイドは完璧な存在ではなく、
ガイドはガイドで悩みを持っていたりとか。。。
そんな感じのガイド。
(余計にわからないか^^;^^;)


アンジェラの冊子では、
犬を脚側に付けるようなことはしない。

犬に十分自由に動ける距離を持たせて
「This way」と声をかける。
犬がこちらを向けば、もうそれでほめる。
来なくても叱らない。

飼主は、犬を見守って、彼が困ったときはヒントを出したり、手助けしたりする。
でも束縛はしないの。


なんだか、いいなぁぴかぴか(新しい)

わんこの「おかあさん」もいいけれど、
私は「ガイド」になりたいな〜るんるん

◆スコティッシュのフェアリーちゃん◆

fairy1.jpg

fairy2.jpg

カイザーが大好きなお姉さん、
スコティッシュテリアのフェアリーちゃん揺れるハート

近づいては、叱られて、すっ飛んで逃げるカイザー顔(イヒヒ)
何回、叱られても、またフェアリーちゃんに寄っていきます^^;^^;

大好きなおもちゃだって、
自らすすんで、
フェアリーちゃんに貸してあげちゃうんですよぉ顔(汗)
よっぽど好きなのねハートたち(複数ハート)
カイザーの片思いだけど^^;

(フェアリーちゃんのお顔がちゃんと撮れていなかった(汗)
ニックネーム だんご at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆アリアン、トリミングしました◆

arian1.jpg

arian2.jpg

やっとこさ、アリアンをトリミングしました。
ふたまわりぐらい小さくなったよ(;^_^A
どんだけ伸びてたんだ(笑)

前髪とおひげは短めにしてみました。
バリカンの切れ味が悪いので全部はさみでカットしたよ。

sazanka1.jpg

sazanka2.jpg

裏のマンションのお花(サザンカ?)、うちのフェンスの内側で咲いていました(^-^)

arian-kaiser1.jpg
お散歩風景犬(足)

arian-kaiser2.jpg
ダンナがおやつ出すのを待っているところです^^;
ニックネーム だんご at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

◆ゴーちゃん10さい(≧∇≦)◆

go10sai-1.jpg

go10sai-2.jpg

今日はゴーちゃんの誕生日☆
10歳になりました♪♪
ボサボサでお恥ずかしいですか、
スタバにお茶しに来ました。

ガイザーは9ヶ月になりましたよ。
相変わらずのわんぱく坊主です(^-^;)

****** 2月16日追記です ******

go10sai-3.jpg
ブーメランでトリミングしてもらいました犬(笑)
ニックネーム だんご at 16:25| Comment(4) | TrackBack(0) | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

◆カイザー、年下の子犬に会う◆

写真はないのですが、

昨日のカイザーのお散歩中に、
まだ3ヶ月位の、お散歩デビューしたばかりのような
白い子犬ちゃんに会いました。

カイザーが年下の犬に出会ったことは
たぶん今までなかったと思う。。。

「やさしくね。」と声をかけて、近づけてみました。

お互いに、何にでも興味津々の子犬同士犬(笑)
お顔を突っ込んでにおい嗅ぎ合い顔(イヒヒ)

子犬ちゃんが慣れてきたところで、
背伸びしてカイザーの顔をカリカリし始めると、

カイザーは顔を横に向けてジッとします。

そうそう、いつもゴーちゃんがやってるよね、そのポーズ。
カイザーがゴーちゃんにちょっかい出す時にね顔(イヒヒ)

なんだか、おもしろいね犬(笑)


わんこさんとのあいさつは良いのですが。。。
相変わらず、飼主さんへは飛びつこうとするカイザー顔(汗)
おそらく、カイザーにとってはフレンドリー表現のつもりなんでしょうが、
人間的にはいただけないので、そこんところ、お勉強してもらわなきゃですね^^;
さて、どうやって教えたもんだか?
私も顔を横に向けてジッとしてみるか???
タグ:犬語の観察
ニックネーム だんご at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする