2014年05月29日

◆カイザーの山修行(3)◆

書くかどうしようか、迷ったけど、一応覚書として書いておこう。。。

ハイクの感想とか、初心者なりに気をつけた点とか、後日談とか。。。です顔(イヒヒ)

カイザーの山修行その3 考察編

まず、犬連れハイクを初めて経験して感じたことですが、
カイザーにとっても、私にとっても、良い体験をしたなぁ、
というのが大まかな感想です。

カイザーと私の関係性を再確認できた、というか。。。


犬とハンドラーが何かを一緒にやるとき、
協調性とか、信頼関係とか、が大事になってくると思います。


普段のカイザーは、私のいう事を、
まぁ、半分くらい聞いてくれれば良いほうかな?
って感じですが^^;^^;

山では、おやつなんかなくても、
そして、何度も繰り返し言わなくても、
カイザーはちゃ〜んと私のいう事を聞いてくれました〜揺れるハート顔(笑)


犬がセルフコントロールできるようになることを大事にして育ててきました。

ロボットのようにただひたすら人間の出すコマンドに従う、のではなく、
でも、肝心なときには、ちゃんと人間の意向にそうように行動してくれる。

カイザーが自分の意思で、私に合わせて歩いてくれたことがわかり、
嬉しくなりました顔(メロメロ)


そのことが顕著にわかったのは、山を下るときです。

カイザーは、私の体重の半分強の重さがありますから、
グイグイ引っ張って歩くような犬だったら、
私は下り道で転んでばかりいたかもしれません(汗)

しかし、カイザーは「リードが張ったら止まる」ということを
体で覚えているので、
大きな段差の手前でリードを張り気味にして「待って」と声をかけると、
カイザーは止まって待ってくれます。

そして、大きな段差でも、よく探せば必ず足場があります。
私が足場に足をかけてから、カイザーに「いいよ」と合図すると、
カイザーはピョンと飛び降ります。

道がつづらに曲がっているところでは、先頭集団が曲がった先に見えるので、
カイザーは何度か、ショートカットして急な斜面をくだりたがりましたが、
「カイちゃん、こっちの道が緩やかでいいよ〜」と声かけ、指さしすると、
カイザーはちゃんと正しい道へもどります。


実際、往路で勾配の急な山道を登って行くときは、
(帰りはここは難儀するな〜)と思う場所がいくつもありましたが、
カイザーが合わせてくれるので、下り道の方がはるかに楽でしたわーい(嬉しい顔)



リードに関して。

他のわんこさんたちは、普通の120cm位のリードでした。
それで、ゆず・かぼすさん特製の「肩掛け用輪にしたザイル」に
リードを繋げて、ちょうど良い長さのようでした。


カイザーはいつもの3mリードだったので、
ゆず・かぼすさんが長さを調節してくれて、余ったリードはハーネスに。下
leash1.jpg

下しばらくこの状態で歩いていたのですが、
leash1-1.jpg
余分なリードを巻いたのが、トップとガースの接続バックルに当たるのが
どうにも気になるたらーっ(汗)

ハーネスのバックルが壊れたらアウトでしょふらふら、と思ったので。。。
(それに、重心がずれるのもちょっと気になった)

下行きの休憩時に、トップの中央部分に結びなおしました。
leash2.jpg


しかし、それでも、リードの長さが短すぎて
(恐らく、私達は初心者ペアなので、
ゆず・かぼすさんが安全のために短めにセットしてくれたのだと思います。)
ちょっと歩き辛かった。。。

というのも、
カイザーはリードが張ったら止まる、ということを体で覚えているから、
リードが短すぎると、1〜2歩進んでは止まり、進んでは止まり、
を繰り返してしまうのです。

まるで、縄跳びの電車ごっごで、お客さんが多すぎて、
ゴツゴツしながら進んで行くカンジです。

それで、昼休憩の後はリードを長めに結びなおしました。

下これで、いつもの調子で歩けます。
leash3.jpg


ちなみに。。。

下なんだちゃんは首輪に直接カラビナ&長いザイルです。
nanda.jpg
自由度が高くていいなぁ〜ぴかぴか(新しい)
まぁ、山慣れしている隊長さん&小型犬のなんだちゃんだからこその技なのでしょうGood


もうひとつ、注意していたこと。
それは、胃捻転です。

今まで、うちの犬で胃捻転をおこしたコはいませんが、
カイザーは体が大きく胸が深いので、要注意です。

ハイク当日は、朝食抜きで車に乗せてきました。

登りの途中休憩で、おやつのクッキーをもらったときも、
カイザーは大きいからか、たくさんクッキーをいただいたのですが、
まだ登りの途中だったので、半分はカイザーにあげずにバッグにしまいました。

ランチタイムでは、
朝食抜きのカイザーにおにぎりを少し分けてあげました。
が、休憩時間の後半は、お水もおやつも控えて胃を休ませるように心掛けました。

昼食後の下り始めで、
カイザーは2回自主休憩をしました。
これも、もしかしたら胃捻転回避には必要な休憩だったのかもしれません。
この後はスイスイ歩いたので「もう大丈夫だ」と感じました。

しかし休憩時のお水は、この後も少なめにチビチビとあげました。
暑かったので、カイザーはがぶ飲みしたかっただろうけど^^;


myoho2.jpg

myoho4.jpg

急斜面の脇を歩いていたときは、
他の人に蹴られたりした石ころが斜面をコロコロ転がり落ちることがあり、
その度にカイザーが転がる石ころを見たりしていました。

が、視線が斜面に向くと、体もそちらへ行ってしまっては困るので、
そんな時は
「カイちゃん、大丈夫だよ。こっちだよ。」と声かけしました。

普段なら、風で飛ぶ枯葉に飛びつくようなカイザーですが(おこちゃま)、
山では冷静に私の声に従ってくれました。



犬連れハイクの翌日は、オプデスの訓練の日でした。

普段の訓練でも、気分のムラが多いカイザーですが、

この日は、山登りの疲れもあるのか、全然やる気なし顔(汗)


「どうせ、これ、お遊びでしょ。
ボク、今日は疲れてるんだからさ、先生、早く終わりにしてよー。」
と、目で先生に訴えていました^^;^^;


私はというと、翌日の午後あたりから筋肉痛が出始めました。
しばらく筋肉痛続いていましたが、思ったほどではなく、
気がついたらおさまっていた。

間違えて服用したビオフェルミンのプラシーボ効果でしょうか?顔(イヒヒ)

☆おまけ☆

ニックネーム だんご at 12:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 犬イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

◆カイザーの山修行(2)◆

犬連れハイクの続きです。

カイザーの山修行その2 修行本番の妙法ヶ岳編


本当にやばかった所は写真がないです顔(汗)
ハイ、もちろん。撮影する余裕ナカッタデスあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


霧藻ヶ峰でお昼を食べた後、
時間も、みんなの余力もある、ということで、
三峰神社の奥宮である妙法ヶ岳へ行くことになりました。


まずは、来た道を途中まで戻ります。

が、ここでカイザー、下りの途中で2度も休憩^^;

1度目は、幅せまの短いつづら折の途中で。。。顔(汗)
すごく狭いので、何とか端に寄せようとしたが、
カイザー、で〜ん、と道をふさいで動かず。。。
対向者の方約1名にご迷惑おかけしましたバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)あせあせ(飛び散る汗)

しんがりのババ様と隊長に追いつかれて、仕方なく歩き出すカイザー。

そして2度目。
ベンチの置かれた休憩場所まで来ると、
カイザー、勝手に地面に寝そべり休憩。。。顔(汗)

しばらく休んでいると、やはりババ様と隊長が追いついてきて、
隊長がストックでカイザーのおしりをツンツン。
「あんた、まだ大丈夫でしょ。尻尾が下がってないから顔(イヒヒ)

その後は、カイザー、休むことなくすいすい歩いて犬(足)
分岐点の鳥居へ着く前に、みんなに追いつくことができましたGood


下分岐点から、妙法ヶ岳へ向かって登り始めたところです。
myoho1.jpg


下道幅が2mくらい、両脇はわりと急斜面。。。たらーっ(汗)
myoho2.jpg



下斜面の中腹を行く幅50cmくらいの道がく〜(落胆した顔)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
myoho4.jpg
先頭はどんどん進んでしまったが、下り道なので、
この道が正しいのか迷って、後ろにいる隊長たちを待っているところ。

でも、本当はこんなところで立ち止まりたくないよね。。。顔(汗)
一緒に待っていた人たちが「すいこまれそう〜」と言っていたけど、
すいこまれちゃ大変だから^^;私は谷の方を見ないようにしていたよわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

山慣れしているゆっ記さん「私はこの位なら大丈夫。」
そのゆっ記さんにマップを渡そうした時、
カイザーがゆっ記さんに飛びついてマウンティング顔(汗)
こんな状況でふざけるな〜〜〜むかっ(怒り)むかっ(怒り)
と言いたいところだが、
カイザーもかなり緊張していたのでしょう。
緊張をほぐすためのマウンティングだったと思われます。


結局、道はあっていて、そのまま下ると、、、
下下からの道との合流地点のあずまやが見えてきました。
myoho5.jpg


下あずまやで休憩中。
myoho6.jpg
この鳥居の先が、奥宮へと続くアスレチックワールドでした〜exclamation×2


下最初は、道幅は広くないもののさほど困難ではありませんでしたが。。。
myoho7.jpg


そのうちに、道をふさぐような巨大な根っこや岩がたくさん現れて。。。
それを乗り越えながら進みます。(写真なし)


急な段差にはほぼ垂直に近い角度の木の階段が。。。
しかし、一段が壊れていてなくて、ガクンと足を踏み外したような感覚。
(写真なし)


その先には、岩の山ハダに沿って、土の地面ではなく、
板塀をならべたような、橋のような道(写真なし)。
板も古そうで、隙間から谷底が見えます。。。たらーっ(汗)


緊張しつつ、板塀を渡りきると、今度は、、、

下写真では分かりづらいですが、大きな岩がゴロゴロいっぱいexclamation
myoho8.jpg

その岩を乗り越えて進むと、
今度はとっても急な石段exclamation×2(写真なし)
1段の高さは50cmくらい?
横幅はけっこうあるけど(1m位)、奥行きは10cm位しかありませんあせあせ(飛び散る汗)

カイザー「ボ、ボクには無理ですあせあせ(飛び散る汗)」と言わんばかりに、
石段のわき道に除けようとしたが、
わき道なんて、ないよ。。。ガケだよ。。。
後ろからは岩の道を後続隊がどんどん迫っているし。

で、仕方なく石段を登る決心をしたのか、
いきなり両脚跳びでピョンピョンと登りだした。
リードでつながっている私も、慌ててのぼるダッシュ(走り出すさま)

6〜7段くらいのぼったかしら?
石段の先は、超巨大な岩ハダですexclamation×2(写真なし)
脇っちょに鎖と手すりが付いてますがく〜(落胆した顔)どんっ(衝撃)

カイザー「ボクには絶対ムリ〜〜〜犬(泣)あせあせ(飛び散る汗)
と何度かわき道に除けようとするが。。。
わき道なんてありません。。。ガケです。。。

登りきれば頂上なんですが、
頂上から応援の声が聞こえました。
「あずきもフランも登れたから大丈夫exclamation
カイザー、頑張れ〜exclamation×2

声援に引っ張られるようにして、カイザー、ピョンピョン登り始めました。
リードでつながっている私も手すりをつかまりながら慌ててのぼるダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
「おりれるのかしら。。?」
という思いがチラと頭をかすめたが、今はのぼるしかない手(グー)


そして、とうとうグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)わーい(嬉しい顔)

下妙法ヶ岳の頂上に着きました〜犬(笑)Good
myoho9.jpg
カイザー、よくがんばったね〜顔(笑)
オオカミさんたちもほめてくれたかな??
リュックの中は、ヨーキーのりく君&まりちゃん。

下お隣にも、小さなオオカミ像がいっぱい。
myoho10.jpg
手前はワイフォの春くん。


下頂上はあまり広くないので、みんな立ったまま休憩です。
myoho11.jpg
スタンプーのフランちゃん、エアデールのあずきちゃん、そしてカイザー。
この3頭が大きい子組でした。


最後の登りで、カイザーにかなりのプレッシャーを与えてしまった、
と思ったので、
他の人たちは立ったままでしたが、
私は地面の石段に腰掛け、脇にカイザーを寝かせて、
背中や前胸をさすってやり、少し落ち着かせようとしました。


しばらく休憩すると、
隊長のゆず・かぼすさんが近づいてきました。
「さぁて、カイザーをおろすか。」

えっexclamation&question
おろしてくれるんですか〜exclamation&question
ヨカッタ、ヨカッタ、正直、どうしようかと思っていましたよ。

カイザーは隊長に飛びつきマウンティング顔(汗)
犬(怒)「あんたのせいで、ボクいっぱい緊張したんだからむかっ(怒り)」と言わんばかりです^^;^^;


そんなカイザーをものともせず、
リードを引いて下山し始める隊長さん。

下下りる場所です。つまりココからのぼって来た。
myoho12.jpg
「あんな風に横向きに(手すりにつかまて)下りればいいのね。」

という声が聞こえて、
へぇ〜、どれどれ?、と私も下り口まで見に行く。

隊長は横向きで。
その後をカイザーがズリズリと半ばすべるような感じで下りていく。

そこで、ハタと気がついた。

「私、下でカイザーを受け取らなきゃだ!」

慌てて、ついて行って、真似して岩ハダを下りる。

「急勾配の石段はどうするのだろう?」と後ろから見ていると、
隊長は両腕でカイザーを抱き上げ、
どこにもつかまらずに、足だけでバランスをとりながら、
石段と、その先のゴツゴツ岩を下り、
地面にカイザーを下ろしてくれましたClap

自分の力じゃムリだとわかっていたのか、
カイザーもおとなしく抱っこされていましたよ。
(さっきはマウンティングしてたくせにね顔(イヒヒ)


いやぁ〜、本当に助かりました〜わーい(嬉しい顔)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)


おろしてもらった場所は、とても狭い場所だったので、
例の板塀橋を渡った先の少し広いところで、
みんなを待つことにしました。

しかし、広いといってもこんな下もんです^^;
myoho13.jpg
2〜3歩ずれれば、ガケです^^;^^;

初参加の私たちは先頭を歩くのは不安があるので、
(というか、カイザーは女の子ワンの後ろを歩く方が調子いいので顔(汗)
ここで待って、他の方に先へ行ってもらいました。


この後の帰りは、ほとんど順調でしたよ犬(笑)犬(足)


下分岐点の休憩所まで戻ってきました。
myoho14.jpg

下休憩所からの景色目
myoho15.jpg

休憩所からは、もう一つの道を下りました。

下三峯神領民家だそうです。
myoho16.jpg
駐車場はもうすぐそこです。


下登った山を振り返る。。。
myoho17.jpg
で、結局、どのテッペンに登ったの?犬(笑)あせあせ(飛び散る汗)



この後は、大方の人は「道の駅大滝温泉」いい気分(温泉)に寄られたみたいです。

私はね、
カイザーひとりを車に残すと、また、ライトレバーを壊されちゃたまりませんから、
帰ることにしました。


ゆず・かぼす隊長さんをはじめ、ご一緒してくださった皆さん&わんこさん、
ありがとうございました〜犬(笑)
カイザーの数々の無礼をお許しくださいバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)


帰りに寄った、道の駅はなぞの下
hanazono1.jpg
カイザーは、ドッグラン初体験でしたが、
他に誰もいなかったので、
「ここで放されて、だから何?
って感じでしたね^^;


hanazono2.jpg

帰りの関越道は大渋滞でしたカメカメカメ


隊長のブログもあわせて読んでね犬(笑)

第24回犬連れハイクの模様(山(O)ガール(^^)v、1/3)

第24回犬連れハイクの模様(どら焼き、2/3)

第24回犬連れハイクの模様(アスレチック、3/3)
ニックネーム だんご at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 犬イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

◆カイザーの山修行(1)◆

5月11日(日)
ゆず・かぼすさん主催の犬連れハイクに、
カイザーと初めて参加しました。


今回、登る山は奥秩父の霧藻ヶ峰。
集合場所は、三峰神社の駐車場です。

三峰神社までも、けっこう遠かったなぁ。。。


カイザーの山修行その1 三峰神社〜霧藻ヶ峰編

下三峰神社の駐車場です。
mitsumine-parking.jpg
「あの山に登ります。」
って、どの山ですか〜exclamation&question
どれも、高くて遠そうなんですけど。。。たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)


少し早めに着いたので、
大急ぎで三峰神社にお参りしてきました。

下三ツ鳥居
mitsumine-torii.jpg
両脇に控えるのは、神のお使いのオオカミです(たぶん)。


カイザーはデカイから目立つのか、
いろんな人から声かけらるよ顔(汗)

三ツ鳥居から真っ直ぐ歩いていくと、、、

下なぜか?拝殿の横に出ました。
mitsuminejinja1.jpg
正面にまわって、お賽銭を入れて、と。
高校同級生の病気と、ゴーちゃんのヘルニアとアリアンの腸炎と、
シロの関節炎が早く治るようにお願いしました。
(あ、しまった、母とばぁちゃんのこと願い忘れたあせあせ(飛び散る汗)

それから、ダンナに教えてもらっていた、
水をかけると現れる石畳の龍を見て。。。
(すでに水がかけられていて、龍が現れていました。)

社務所で、車に貼る交通安全のステッカーとストラップ風お守りをゲットして、
大急ぎで駐車場までもどりました。


犬連れハイクの常連さんたちが到着していました。
mitsumine-parking2.jpg

常連さんたちは、ちゃんと山仕様の格好ですが、
私は普段のお散歩犬(足)とほとんど変わらない格好です。
いつものパーカーにいつものスニーカーにいつものキャップ。
お散歩バッグは付属のショルダーをつけて肩に斜めがけ。
そして、いつものリュック。
昼ごはんのおにぎりと500mlペットボトル2本を入れるため、
長財布はやめて折畳み財布のみにしたり、
普段は二つ入れているエコバッグをひとつにしたり、、、
と若干の調整はしましたが。。。^^;


主催者のゆず・かぼすさんが、
リードを斜め掛けするための道具(カラビナ付き輪にしたザイル)と
ストックを貸してくださいました。

そして、マップと登山データが皆に配布されて。。。
いざ出発ですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

下駐車場から舗装道路を少し上がると、登山道に入りました。
kirimo1.jpg
山道が初めてのカイザーは、みんなに続いておとなしく歩いています。。。犬(足)

と、突然exclamation

カイザーが地面の臭いをくんかくんかと必死に嗅ぎだしたどんっ(衝撃)あせあせ(飛び散る汗)

何やら、野生動物の糞フンでも落ちていたのでしょうか?

しばらく嗅いで満足したのか、また歩き始めました。
まだ、緩やかな広い道だったので良かったです。

下たぶん、一つ目の鳥居、妙法ヶ岳の奥宮への分岐点です。
kirimo2.jpg
小休憩中のワイフォの春君とダックスのマーブル君。
犬連れハイクの常連さんです。

下この辺はまだ道はそれほど勾配はきつくありませんでしたが、
kirimo3.jpg
登山道の脇はけっこうな急斜面でしたねたらーっ(汗)
こんなところで、カイザーが突然さっきのようなにおい嗅ぎを始めたら焦ったかもしれない。。
でも、狂ったようなにおい嗅ぎは、
あの、まだ登りはじめの1回だけでした。

おそらく、上の方がもっと野生動物の痕跡があっただろうと思われますが、
カイザーも何が危険であるか、ちゃんとわかっていたのでしょう。

におい嗅ぎではないけれど、カイザーは登山道脇の木にちょこちょこマーキングしていました。
帰り道の目印かしら顔(イヒヒ)


下だんだん道が険しくなってきました。
kirimo4.jpg
カイザー、ちょっとお疲れ??
奥に見える、スタンプーのフランちゃんはまだまだ余裕ですね。
犬連れハイクの常連さんです。


下ベンチが置かれた休憩場所で少し休みました。
kirimo5.jpg
りくまりさんからおやつのクッキーをもらったところ。
単純なカイザー、もう元気になっちゃった?^^;^^;


下しかし、この先は勾配がさらに急です。
kirimo6.jpg
幅せまの短いつづら折の道です。
カイザー、頑張れexclamation×2

下登りきると、地蔵峠です。
kirimo7.jpg
小さなお地蔵様がいました。

下この脇の少しひらけた所を通り抜けて、、、
kirimo8.jpg

秩父宮両殿下のレリーフ前を通過すると、、、
(レリーフの写真、撮ったけど、あまりきれいに撮れていなかったもうやだ〜(悲しい顔)

下目的地。霧藻ヶ峰でするんるん犬(笑)るんるん
kirimo9.jpg
売店小屋はお休みでした。


kirimo10.jpg
犬(笑)「ボク、初登山、ガンバッタヨ〜〜〜Good


岩の陰に入れるように、小屋の柱にカイザーのリードを結んで、
レジャーシートに座り、昼ごはんのおにぎりをいただきました。

朝食抜きのカイザーにも、おにぎりを少し分けてあげたよ。
それから、犬用おやつのサーモンスティック。
他のわんこさんたちにもおすそ分け。


そして、他の方たちからは、人間用のおやつをたくさんいただきました〜るんるんるんるん


下車を停めた駐車場です、たぶん。(ピンク丸の部分)
kirimo11.jpg


下大きな岩の向こう側が気になるカイザー。
kirimo12.jpg

下とうとう岩の上にのぼっちまいました^^;
kirimo13.jpg


だって、岩の向こう側には。。。

下かわいいかわいいなんだちゃん(ウェルシュ5ヶ月)かわいいがいるんですもの犬(笑)
kirimo14.jpg
まだ幼犬とはいえ、さすが、ゆず・かぼす家のニューフェースぴかぴか(新しい)


下お名前入りリュックを背負ってしっかり歩く姿は、立派な山ガールかわいい
kirimo15.jpg


そして、もうひとつ、カイザーが気になっていたもの。。。

下犬連れハイク2周年のお祝いの特大どらやきですexclamation×2
kirimo16.jpg
今までの参加犬、全員のお名前が記されていました〜犬(笑)グッド(上向き矢印)るんるんるんるん

下カイザーの名前の入った部分をいただきました犬(笑)
kirimo17.jpg
おいしかったけれど食べきれなったので、持ち帰り、
お留守番組の2頭にも少しあげました〜犬(笑)

下道標で記念撮影カメラ
kirimo18.jpg


下道標からの眺め目
kirimo19.jpg
よく、頑張って登ったね〜犬(足)


しかし、本当の修行はこの後から始まるのであった。。。<つづく>
ニックネーム だんご at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 犬イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハート御守りハート

三峰神社で買った御守りです。
img20140517_102143.jpg
ニックネーム だんご at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | その他? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする