2011年10月29日

◆猫のシロちゃんのこと◆

shiro10.jpg

祖母のところにやってきた、女の子のにゃんこさん、シロちゃん。
4歳半にしては、小さいです。
いつも段ボール箱に隠れてじっとしています。

臆病な性格だから、
前のおうちでも(6匹いたからね)食いっぱぐれていたのかな?

ぐらいにしか思っていませんでした。

カリカリのキャットフードはあまり食べません。

かにかまぼこは食べるけれど、食べながら頭を振ります。
歯に食べ物がひっかかるみたいに。。。

それで、母が「シロは歯が悪いんじゃないの?」と言い、
それを聞いた祖母が「シロを病院へ連れて行け」とうるさいので、
一度健康診断を受ければ、祖母も納得するだろうと、
10月14日にシロを動物病院へ連れて行きました。


すると!

シロちゃん、お口の中に数々のトラブルを抱えていることが判明!!

先生が、シロの口を開けたとき、
私にもハッキリ見えるほど大きなデキモノが舌の右側にありました。
若い女の先生は、「あ、、これは。。。」と言って、すぐに別の先生を呼びに行くほど、
のひどさでした。

そして、左右の口角がパックリ切れていて痛々しい。
「口裂けにゃんこ」さんでした。
シロちゃん、来た時から、目ヤニの他に、
口周りに食べかす?のようなものが付いていて、
何でだろうと思っていましたが、口角の傷が原因だったんですね。。。猫(泣)

そして、歯は。。。
「本当に4歳半ですか?」と何度も聞かれるほど、歯石が付いてボロボロでした。
10歳ぐらいの猫の歯と同じだそうです。


そうだったんだ。。。
それじゃぁ、カリカリフードは痛くて食べれなかったでしょうね。。。
かわいそうなことをしていました。


病院でお薬と缶詰フードが出ました。
猫エイズや猫白血病の可能性もあるので、
同居猫とは分けて飼育するように言われました。


shiro11.jpg
病院の缶詰フードをおいしそうに食べるシロちゃん。


shiro12.jpg
お腹いっぱい食べれて元気が出てきたのか、毛づくろいを始めました。

こんな風にくつろいで毛づくろいの姿を見せるのは、初めてです^^

shiro13.jpg
お顔もきれいになってきましたよ猫(笑)


shiro14.jpg
我家の猫担当の娘が茶坊とおもちゃで遊ぶ様子を見ているシロちゃん。

shiro15.jpg
シロちゃんも遊びたくなったようでした猫(笑)
元気になってきて、本当に良かった^^



2週間、お薬を飲み続け、デキモノは少し小さくなり、口角の傷も治ってきました。
体重も、2.0キロから2.4キロに増えました^^

幸い、猫エイズも猫白血病も陰性でした^^

しかし、総蛋白値が高いので伝染性腹膜炎の疑いがあるらしく、
まだ同居猫とは分けて置くように言われました。


歯は、あまりにもひどいのは抜歯することになりました。

31日に、シロちゃん、麻酔して
歯石除去、抜歯、舌のデキモノの細胞採取(検査のため)、伝染性腹膜炎の検査
を行います。


シロの保護主であった友人は、
シロのデキモノや歯のことはまったく気づかなかったそうです。
普通にカリカリフードをあげていたそうです。

6匹いた猫のうち、シロがうちにやってきたことに運命を感じます。
(シロちゃんとクロちゃんの写真を見て、シロを選んだのは祖母ですが。)

シロちゃんの生命力のなせる業かもしれません。


NEC_0663.JPG
シロちゃん、頑張って手術して、元気になろうねexclamation

ニックネーム だんご at 08:34| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シロちゃん・・・よかったね揺れるハート出会いは運命ですね猫手術・・がんばってね手(チョキ)
Posted by リンダ at 2011年10月31日 08:00
かわいいリンダちゃんかわいい

コメントありがとう!
シロちゃん、無事手術が終わり、食欲旺盛になりました^^
(反動でおデブにならなきゃ良いが。。。^^;)

リンダちゃんのおうちにも、すてきな出会いがありますように犬(笑)
Posted by だんご at 2011年11月03日 08:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2906620
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック