2014年09月09日

◆ゴーちゃんの愛らしさのヒミツ◆

go-opemae1.jpg
(ものすごいボサコさんですね〜わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)いったい何犬?


ゴールドベリさん、この写真ではわかりませんが、

1年半ほど前から、右眼のまぶたに、デキモノができて、
徐々に 大きくなってきていました。

5年前に手術した、マイボーム腺腫が再発したようでした。


実は、今年の3月末にヘルニアになって、動物病院の往診を頼んだときに、
ゴーちゃんは、てっきり手術になるものと思っていて、
ならば、ついでに、右眼まぶたのデキモノも取ってもらおう、
と企んでいました。

ところが、ところが、
ヘルニアは 手術せずに回復に向かってしまい。。。^^;

まぶたのデキモノは そのまま放置されておりました。


そして、5月にワクチン注射をしに 動物病院へ行った際に、
先生に まぶたのデキモノを発見されてしまい^^;

・・・

切除した方が良いだろうけれど、
切開の仕方によっては、目の形が変わってしまう可能性 大、
もしくは、マイボーム腺腫の取り残しが出てしまうかもしれない、
また、年齢(ゴーちゃんは11歳)による手術のリスクもないわけではない、

などなど、のお話を聞き・・・

正直、手術するべきか、どうか、迷っていました。


「ゴーちゃん自身が手術したいのか、どうか、言ってくれたらよいのに。。。」

そんな風に思っていたら、、、

ある日の夜、突然、
デキモノの先が さらに腫れていて、
ゴーちゃんが自分で引っ掻いたのか、
先っぽが破けて、少々出血していました。

出血はすぐに止まったのですが、
これは、もう、病院へ連れて行くしかないexclamation
と、翌日、ゴーちゃんを動物病院へ連れて行ったのでした。

(もしかしたら、この出血が、ゴーちゃんのお返事だったのかもしれません。)

動物病院で、診察してもらって、
はい、
やはり、手術で切除、ということになりました。

いろいろと、心配はありましたが、
ここは 先生の腕を信じて、やってもらうしかないexclamation

そして、どうせ麻酔するなら、

定番の歯石取りに、

爪切りと 足の裏毛のカット。
(ヘルニア以来、足を触れるのを極端に嫌がるので、
ずっと爪切りしていませんでした^^;)

そして、耳そうじと
口周りの毛のお手入れと 毛玉のカット。
(もう、長いことトリミングに連れて行ってないから^^;
手作り食のせいもあって、口ひげが汚れるのだが、拭かせてくれない^^;
下あごは、アンダーコートが絡み合って毛玉だらけ、
でも、クシで梳かさせてくれない^^;)

そして、お尻まわりの毛のカット。


先生が、「何でもやりますよ〜^^」とおっしゃってくれたので、
調子にのって、いっぱい 頼んじゃいました〜わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


いや、飼犬のお手入れができないなんて、飼主としてどうなのよ?
ってカンジで、全くお恥ずかしい話ですが^^;^^;

これでも、ゴーちゃんが若かった頃は、
ちゃんとお手入れできていたんですよ〜。

プラッキングだって、ちょっとは自分でやっていたのですよ。
(でも、全部はできなくて、結局サロンのお世話になっていましたが。)


でもでも、年とともに、ゴーちゃんは頑固になるし、
気に入らないことがあると、ガウッむかっ(怒り)とか怒るし、
いつも ハァハァ いってるし。。。

初めての老犬生活で、試行錯誤する中、
ヘルニアになってしまってからは、もう、
ゴーちゃんは、何か、私にとってはコワレモノ扱い?
お取り扱い要注意老犬犬(怒)になってしまったのでした。。。



動物病院の窓口で、
手術前の注意事項やら、費用のことやら、いろいろ聞いている間、
ゴーちゃんはダンナに連れられて、病院の外で待っていました。

ガラス越しに、ゴーちゃんとダンナが見えます。

通りかかりのお姉さんが、ゴーちゃんの写真を撮っていましたカメラ

後から ダンナに聞きましたが、
このお姉さんは、動物病院の2階にある教室へ通ってる人で、
「こんなにかわいい犬、見たことがない!」と言って、
ゴーちゃんの写真を撮っていったそうです。


そうなのよ^^
ゴーちゃん、かわいいの黒ハート 昔から、よく、そう言われる。
目がきれい、とか、やさしそうな顔してる、とか、よく言われていた。

エアデールという犬種が、そういうものなんだと、思っていた。


でも、カイザーを飼ってみて わかった。

カイザーも、かわいい、と言われること あるけれど、
かわいい、よりも、まず、「デカイ」と言われることが 圧倒的に多い。

そして、ゴーちゃんとカイザーを一緒に庭に出していると、、、
通りがかりの人は、まず ゴーちゃんを見て「かわいい」と言う。。。


動物病院の前で会ったお姉さんは、ゴーちゃんのこと、

老犬で、トリミングしてなくてボサボサなうえに、
口ヒゲは汚れ、毛玉で固まり、
まぶたが腫れて、プチお岩さん状態。。。

それなのに、かわいいかわいい と言ってくれた。。。もうやだ〜(悲しい顔)


ゴーちゃんには 不思議な魅力があるらしい。
ゴーちゃんの魅力って何なんだろう。。。?


そして、わかりましたひらめき

外見なんか、気にしない。。。
嫌なことには、「いや」と言う。。。
自分に 正直。。。

ゴーちゃんは、「自分を生きている」からなんだ〜ぴかぴか(新しい)

それに気づいた時、
なんか、熱いものが胸にこみ上げてきて、
ゴーちゃんは このまま ゴーちゃんのままでいてほしいハートたち(複数ハート)
と思いました。

きっと、ゴーちゃんには、全部 わかっているんだよねGood


下病院で2泊して、退院してきました。
go-opeato1.jpg


go-opeato2.jpg
ゴーちゃんがいない間、カイザーは ちょっと元気がなくなって
食が細くなっていた。


下でも、こうやって、一緒にすると、
go-opemae2.jpg
カイザーはイタズラばっかり顔(汗)やりたい放題!


下あくまで、マイペースなゴーちゃん。
go-opeato3.jpg


下知り合いのおばさんに あいさつするゴーちゃん。
go-omaturi1.jpg

下お祭りで、ルンルン気分るんるん
go-omaturi2.jpg


手術の1週間後、退院してから5日後、
傷口を診てもらうために、動物病院へ来ました。

go-byouin.jpg
(右眼なので、、、写真では、よくわかりませんね^^;)

傷口はきれいになってきており、
心配された 目の形の変形も ほとんどありません。

来週、抜糸です。
エリカラ生活も、あと少し。



ゴーちゃんの魅力のヒミツを知るヒントは、、、

下この本から もらいました。
yorokobikara.jpg

ニックネーム だんご at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3691660
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック