2012年10月05日

◆Jiモール大バザールのお知らせ◆

今月は、一日の民生委員視察研修(喜連川社会復帰促進センター)に始まり、
2日は、赤い羽根共同募金の駅頭呼びかけのお手伝い。

今後も、環境フェアでのカレー作りや、家庭児童相談室のお手伝いや、
主任児童委員関係の予定がギッシリ!!

祖母の介護の方も、先月より新たに訪問看護師さんや訪問入浴が始まり、
細かな連絡を取り合ったり、訪問時に立ち会ったり、
入浴場所を確保するために部屋を片付けたりと、
なんだかんだで細かい時間が取られるようになってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

犬たちの散歩にしわ寄せが。。。
ごめんよ、わんこさんたち犬(泣)


そんなこんなで忙しい10月ですが^^;

この3連休の真ん中日、
10月7日(土)、自由の森学園にて、Jiモール大バザールが開催されますexclamation×2

私は、DVDCD上映会『原発の町を追われて』で参加します。
とんぼ塾のボラ仲間のHさんが作成したドキュメンタリー映画です。
自森24期合唱CDの『埴生の宿』がBGMとして使われています。

自森の卒業生は、いろいろとおもしろい仕事している人が多いんだよね。
そんな、卒業生たちが楽しいお店を出店しますよ!
こだわりの農産物やフェアトレードの食品なども販売!

子ども向けの音楽会るんるんや、3.11子ども文庫本の展示、ミニSL電車
DVDCD『ネコマチッタ物語』の上映もあります!

自由の森学園に興味のある人は、ぜひ遊びに来てくださいねわーい(嬉しい顔)

Jiモールのページ

ニックネーム だんご at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ジモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

◆『原発の町を追われて』上映会◆

ペンお知らせペン


私のボラ仲間のHさんが作ったドキュメンタリー映画、
『原発の町を追われて 〜避難民・双葉町の記録』が
9月26日(水)19時〜 飯田橋で上映されます。

詳しくはVIDEO ACT!をご覧ください。

また、自由の森学園を応援するJiモール大バザールでも上映する予定です。

自森24期生の合唱CDより、『埴生の宿』がBGMとして使われています。
ニックネーム だんご at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ジモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

◆レイバー映画祭◆

つながるのって、何だかうれしいわーい(嬉しい顔)

つなげる人になれるのって、とってもうれしいるんるん


娘と同級生が歌った自森の合唱CDを、
とんぼ塾の仲間のHさんに貸したの。

自森の合唱は、決して上手とはいえないけれど、味があるんだよねぇ〜。。。
心に伝わってくる、というか。
障がい者の仲間たちの、とんぼ塾合唱団に通じるものがあるのですよ。

それで、Hさんに合唱CDを貸したの。

そしたら、HさんがこのCDをとても気に入ってくれて、
自分が撮っている映画のBGMに使いたいって顔(笑)

Hさんは、旧騎西高校へ避難してきている双葉町の人々のところへ
ボランティアに通っていて、
双葉町の人たちにインタビューをしてドキュメンタリー映画映画を作りました。

その映画のBGMに、娘たちの歌う「埴生の宿」が使われました!

その映画は、レイバー映画祭で上映されます。

詳しくは、「自由の森学園 便り(父母発)」を見てね目

この映画、10月に開催されるJiモールの大バザールで上映したいな、と
密かに企み中です顔(イヒヒ)
タグ:とんぼの会
ニックネーム だんご at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ジモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

◆自森の学園祭◆

自由の森学園(略して自森)ってねぇ、
辺ぴな山の中にある学校なのに、
なぜか、ことある毎に保護者や卒業生が集まる、
不思議な魅力のある学校なんです。


10月30日、
一度は行ってみたかった、という母を連れて、
娘と一緒に自森の学園祭へ行ってきました。

母は、まるで遠足に行く子どもみたいに、
リュックにお菓子や飲み物を詰めてはしゃいでいました^^;
前日も、うれしくてなかなか眠れなったそうで。。。^^;^^;
学園祭でたくさん食べれるように、朝ごはんも控えてきたとか^^;^^;

自森に着いて、校舎に入るとまず出会ったのは、娘の担任だったOさん。
娘の卒業式では、あまりお話する時間がなかったのですが、
その後、
子ネット時代からの知り合いで主任児童委員の前任者のTさんが
実はOさんと学生時代からの友人だとわかりました。
「世の中、意外と狭いですね^^」とOさんと話しました。


jimori111030-1.jpg
中庭の模擬店の風景上

息子の中学での同級生だったIくんの焼き鳥&フランクのお店。
jimori111030-2.jpg
このネーミングがジモリっぽい(笑)
でも、私達が行ったときはもう売り切れていましたTT

娘も、転校直後の高2の学園祭で焼き鳥&フランク&おでんの「くし屋」をやったっけ。
私が、冷凍焼き鳥を業務スーパーで仕入れて運んだりして^^;
そのとき、ゴーちゃんもお供に付いてきたんだよね、自森まで。
懐かしいっす^^;

jimori111030-3.jpg
美術棟の入り口にある、絶妙なバランスのハイチェア。
生徒の作品です。

校内には、あちこちに、こういう生徒作品のいすが置かれています。

美術棟2階のホールには、
jimori111030-4.jpg
染色クラスの作品。

そして、
jimori111030-5.jpg
織物クラスの作品。
糸を紡いで染めるところから教えるそうです。

反対側の壁面には、絵画クラスの作品。
jimori111030-6.jpg
何気に娘の作品が。。。
(真ん中上の黒パイプの絵、娘が高2の時に描いたものです。)
なんだかうれしいね^^


思い起こせば。。。

娘は以前通った進学高校で不登校になり、高2の夏に自森に見学に来ました。
そのとき、校長の鬼沢さん(通称、鬼さん)が校内を案内してくれました。
この美術棟を見学していた時、ホールでひとり携帯ゲーム機に熱中している男子がいましたが、鬼さんは何も言いません。
そこがジモリなんだなぁ。
森の中の学校だから、美術棟の階段の窓付近には、いろいろ虫がいました。
虫嫌いの娘に、「虫がいるよ。」と注意を促すと、
「虫なんて、どこにでもいるよ。」と、気にも留めていない様子。
ジモリの居心地良さを、子どもなりの直感ですでに感じ取っていたのかもしれません。



さて、自森の生徒たちは、発想がとても豊かなんです。

教室の中に木や森を出現させたりします。
写真では見えないけれど、床に落ち葉が敷いてあります。
jimori111030-7.jpg
しかも、木の幹の中はドリンクコーナーになっています。
ちょっとしたスペースをうまく利用するんですよね。

こちらの教室では、ハンモックカフェをやっていました。
jimori111030-8.jpg
ハンモックは手作りだそうです。
中学生クラスの企画です。
普通の中学校だったら、危ないとか言って、絶対やらせてくれないよね。

なんでもやりたがりの母が、さっそく乗ってみました^^;
jimori111030-9.jpg
すっかり気に入ったようで那須の別邸にハンモックを作ると言い出しました。

では、私も。。。
jimori111030-10.jpg
乗る時が揺れるので、ちょっと怖かったです^^;

鉄道研究部のミニ鉄道。
jimori111030-11.jpg
アコーディオン演奏の「線路はつづくよ」が気分を盛り上げてくれます^^

ツリーハウスに上った母。
jimori111030-12.jpg
のぼったは良いが、降りるのに苦労していました。
向こう側は土地が低いので見晴らしが良いらしいです。
このツリーハウスも、生徒の手作りだそうです。

その他、ウッドチップを敷いたり、ビオトープを作ったりも、
生徒が意見を出して、行われています。

ジモリといえばサンバ!
jimori111030-13.jpg
すっごく楽しそうでしたるんるんるんるんるんるん
浅草サンバカーニバルにも毎年出場しています。


この後は後夜祭となるので、私達は帰ってきました。

そうそう、お昼は、「日本で一番まっとうな学食」と言われる学食でいただきました。
本当においしいです。特に伝統食はオススメですよ^^
ニックネーム だんご at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ジモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

◆ステキなお店、み〜つけた♪◆

先日、娘の高校の学園祭に行ったとき、
受付で自森カレンダーを買ったら、
フェアトレードのお店ネパリ・バザーロのカタログをもらいました。

ネパールの人たちが作ったお洋服などを販売しているお店です。
すばらしい活動だと思い、いくつか購入させていただきました。

編み込み模様のレッグウォーマーです。自分用と娘用。
verda1.jpg

フェアトレードコーヒーと紅茶と、セラピーバスケット♪
verda2.jpg
マサラ茶、飲んでみましたが、スパイシーでおいしかった♪
コーヒーも苦くなくて飲みやすかったです^^

他にもたくさん、かわいい小物があります!

お洋服もナチュラルでかわいいのですが、手作りのため数が少なく、
私が注文したブラウスも品切れでした。。(涙)


自森の卒業生のお店だそうです。
皆さんも一度、のぞいてみてください。

ネパリ・バザーロ
ニックネーム だんご at 16:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ジモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

◆イベントの秋◆

24日の日曜日、娘の高校の学園祭を見に行きました。

jimorigakuensai1.jpg

娘は、カウボーイハットをかぶってポップコーンを売っていました。
jimorigakuensai2.jpg

ポップコーンの塩味はしょっぱ過ぎたよ〜TT
キャラメル味が好評だったようです。


そして、
前日23日は息子の中学の合唱祭でした。

そこそこ上手に歌っていましたが、
実は直前までクラスがまとまらずに大変だった、
という話を昨日の保護者会で初めて聞きました^^;
(息子は学校の話をほとんどしてくれない。。。)

職員合唱の前の先生達のビデオがめっちゃおもしろかった〜顔(イヒヒ)
卒業生も何人かビデオ目当てに来ていましたよ。
ニックネーム だんご at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ジモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

◆娘は修学旅行で「海の旅人」に◆

娘が通っている自由の森学園は、おもしろい変わった学校です。

行事はすべて、生徒たちの手作り。

入学式も、
卒業式も、
体育祭も、
文化祭も、
音楽祭も、
そして、もちろん修学旅行も。

修学旅行は3年生で行きますが、
数ヶ月前の2年生の時より、話し合いが始まります。

行きたい場所をそれぞれが提案し、プレゼンして、候補地を絞っていきます。
話し合いを重ねて、最終的に4つのコースに決まりました。

@「海の旅人」コース(座間味諸島をシーカヤックでまわり、無人島キャンプ)
AFeel The Nature(伊良部・宮古島にて自然、生活、文化を体感)
Bチャリポンコース(北海道自転車の旅)
C散歩コース(さば街道を歩く)


生徒たちは、4つのうち、自分の好きなコースに参加できます。
でも、どれもハードそうですよね〜^^;


海が好きな娘は、「海の旅人」コースに参加。
真っ黒になって帰ってきました^^
シュノーケリングで、ウミガメを見ることができたそうです。
気に入ったのか、自分用にカメのぬいぐるみを二つも買ってきていました(笑)


NEC_0441.JPG
娘が旅先から送ってきた写メです。
貝を拾ったんだとか。。。(笑)


maririn.jpg
こちらは、やはり写メで送られてきた、マリリンの像とおともだち。
行き先は映画『マリリンに逢いたい』の舞台だったんですね^^


お世話になったケラマブルーのスタッフさんのブログに、
自森生の修学旅行の様子がアップされています。

スタッフ愛子さんのブログ

みんなとても楽しそうですね^^

他のコースの子たちも無事に修学旅行を楽しんできたそうですよ。
ニックネーム だんご at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ジモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

◆ジモリの音楽祭のお知らせ◆

長らくブログをお休みしていてゴメンナサイあせあせ(飛び散る汗)


10月20日に祖母(89歳)が転倒→寝たきり状態になって以来、
祖母の介護に明け暮れております。

現在は毎日、朝夕2回実家に通い、お世話しています。
1回お世話に行くのに、往復の移動時間も含めて平均2時間位はかかるので、
全く遠出ができなくなりました。

あ〜、ゴーちゃんと一緒にどこか遠くへ遊びに行きたいわ〜犬(泣)


それはさておき。


娘が転校した高校で、22日〜23日に音楽祭が行われます。

自由の森学園 音楽祭

生徒を点数で評価しない、とても変わった学校です。
興味のある受験生の皆さん、見学にいらしてはいかが〜猫(足)

保護者の活動もいろいろ変わっていて、おもしろいですよ^^
23日の昼休みには、クラスの親子でサンドイッチパーティするんですってるんるん

楽しみだわ顔(笑)
ニックネーム だんご at 09:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ジモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

◆語りで聞くフランダースの犬◆

娘はこの9月転校しました。

新しい学校は「自由の森学園」と言います。
講演会や踊りの発表などが頻繁に行われている、ちょっと変わった学校です。

今日は、
「語りで聞くフランダースの犬」というのを聞きに自由の森学園、
略してジモリまで行ってきました。

ジモリの大音楽室、初めて入りました。
くつを脱いで入るんです。
中は絨毯張りで、観客用の椅子はひとつもありません。
椅子は、生徒さん手作りの丸太の椅子がひとつ、
語り手用に準備されているのみ。
壁にそって大きな階段のようなシートがあり、
みんなそれぞれ好きなところに腰掛けています。
私も、階段シートの空いているところに座りました。

第一部は、言葉の楽しさや美しさを表現した小さな作品が紹介されました。
観客も一緒に参加して「カッパかっぱらった〜」とかやりました^^
指人形を使ったお話は、思わず引き込まれるようでした。

第二部は、部屋の灯りを暗くして、
語り手の方が「フランダースの犬」を原作から語ってくださいました。
長いお話なのに、本もメモもカンペも何もご覧にならずに語るのです。
暗記している、、、というよりも
語り手の魂から言葉が流れ出てきている、そんな感じでした。
じんわり心に染み渡るような、あたたかい毛布に包まれているような、
不思議な感覚がしました。。。良かったです。

語り手の方は、ジモリ卒業生の保護者だそうです。
おはなしかご」というのを主催していて、
各地で公演を行っているそうです。
みなさんも機会があったらぜひ、おはなしかごの語りを体験してみてください。
ニックネーム だんご at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ジモリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする